▼ログイン
投稿者: kagura 投稿日時: 2020-4-4 21:10:00 (4 ヒット)

2020.4.3(金). 19:00-21:00 初のOn-line例会、初の第1金曜日例会

1、開会: H谷川   初めてのon-line例会で、メンバーの機器接続や参加者を待つために手間取って19:06開始。 最終的に11名参加。

2、係の紹介:機械操作のためTMOEは必然的にZoom hostのH谷川。
今夜の言葉:Y口「門出」
計時:Y 口。画面に色パネルで表示。
えーとカウンター:Bん。急遽ピンチヒッター。
言葉番長:Kつ。
集計:今回はサイトへの送信で判定。H谷川。

3、テーブル・トピックス: S木(テレワークのせいで、茨城県から参加) 「新しい私」
  (あ)食べ物:Kつ。カンボジア赴任で朝食と弁当は自作。カレーを作ったが、今は食傷。1’32”
(い)インタ―ネット:Bん。自動処理が出来る。私の職業なので、これで役立ちたい。1’37”
   (う)世界と私:Y口。コロナ騒ぎで世界がつながっていることを実感。1’37”
  (え)日本と私:H谷川。On-line例会で繋がれる。1”26”
(お)トーストマスターズと私:K藤。WHO会議での自由議論でまったく発言できず、米国でトーストマスターズに入った。2”12” ベストテーブルトピックス。

4、休憩

5、今夜のセミナー Better Speaker Series 魅せるボディーランゲージ H-トン 10-15分。小・中・大のボディランゲージを上手に使おう。
(小) アイコンタクトは、恥ずかしければ眉間か鼻を見ればよい。
(中) ジェスチャーによって、言葉での説明が省ける。 
(大) 場面展開のシグナルになる。                15‘23”

6、スピーチ N沢
CC10:聴き手を奮い立たせる 「30年後の仏文学会」  8-10分
学生時代のサークルが「仏文学会」。一人部長で部員を勧誘し30人になった。会員一人が過労で倒れ、私が非難された。今日本語学校で教えていて、当時何が不足していたかが分かった。ムードメーカーがいるクラスは伸びる。リーダーの要因にムードメーカー必要。 トーストマスターにもムードメーカーの項目を。 9’37”

7、論評:K藤
   (あ)N沢に対するW辺。スピーチのまとめをホワイトボードに書き画面に提示。On-lineに慣れた論評が示唆的。3’30” ベスト論評
   (い)HトンへのU形(2年ぶりの参加。On-line例会のお陰。突然の指名にもかかわらずチャレンジした勇敢さ)。目の前に聴衆がいない中で聴衆の注意をうまく惹いていた。1’25” 時間不足。  
   (う)今夜の言葉:今夜の言葉「門出」の使用は2回:S木。
      言葉番長:コロナの影響もあってか、多くの人が「つながり」を言ったのが印象的。
   (え)総合論評:初めてのon-line例会としては成功だった。大成功と言っても良かった。ITに詳しいW辺さんの存在はありがたい。

8、初めてのon-line例会への感想
 H谷川:心配だったけど、終わってみれば、よく出来たな!。
 U沢:自宅に帰るのが遅いので、on-lineなら開始を遅くしてほしい。
 Kつ:便利です。カメラの背景が気になるので、背景も気を付けて欲しい。(同居者の食事が映ったなど)
 K藤:初回としては成功。機器トラブルの即時解消が今後の課題。並行した連絡システムが必要。
 S木:遠くから参加できてよかった。2か月間、上京自粛要請中なので。
 N沢:Zoomで話すのは初めての体験。
 Hトン:画面からはみ出るので、ボディランゲージは難しい。
 Bン:ボディーランゲージを練習したいので、on-siteの方が良い。
 Y口:on-lineだったので参加出来た二人がいて良かった。
 W辺:共有画面機能をうまく使える(その後、技術的解説あり)。

(K藤作成)


投稿者: kagura 投稿日時: 2020-3-28 21:26:00 (7 ヒット)

神楽坂トーストマスターズクラブ 第351回例会記録
2020年3月27日 東京ボランティアセンター会議室A
参加者数:12名(会員12名、ゲスト0名)

351回の例会はテーブルトピックスと準備スピーチ4本の例会でした。
また、新型コロナの対策として窓とドアを開け、風通しを良くし、テーブルはスクール形式で、1つのテーブルに1人が座るという形態にして、開催しました。

■今夜の言葉:Sさん
今夜の言葉は「ユナイト」です。英語で結合する、団結するという意味です。新型コロナの暗い雰囲気を吹っ飛ばすには「みんなで団結しよう。そして、乗り切ろう」という願いが込められた言葉が今夜の言葉になりました。

■テーブルトピックス:Bさん
出題1:「寒いのと暑いのとどっちがいいですか」Nさん 久々のスピーカーでしたが、頑張っていました。(0’58”)
出題2:「春にやりたいこと」Iさん 新型コロナが収束したらしたいことについて、エピソードを入れつつ熱く語られました。(0’51”)
出題3:「コロナが終わったら、やりたいこと」Sさん マスクを外して、思いっきり呼吸したい。この日マスクを忘れてしまったものの、率直で身近な希望でした。(0’46”)
出題4:「好きな四字熟語」Hさん 「春夏秋冬」を引用しながら、先週末の話、桜の話をされました。(2’09)
出題5:「歴史上好きな人物」Yさん 徳川家康がお好きで、子供の頃の苦労が天下統一を成し遂げるのに役にたったというエピソードを話されました。(1’44”)

■準備スピーチ
Wkさん プレゼンテーション熟達L1 基本を習得するアイスブレーカー 「より良いスピーチを作るために」。
初めてのスピーチで、自己紹介、今後の目標についてスピーチをされました。構成もよくわかりやすく堂々としたスピーチでした。今後のスピーチも期待したいです!(4~6分の課題、5’34”)
Haさん CC#4 表現方法 「9年前と今」
初めに、NHK復興ソング「花は咲く」を歌って、聴衆を惹きつけ、それから、東日本大震災のご自身の経験を話して、スピーチをされました。様々な表現方法を試された魅力的スピーチでした。(5~7分の課題、8’03”)
Heさん AC 楽しませるスピーカー #5 食後のスピーチ 「楽(らく)」
 奇想天外なストーリー、まさしく『It’s a H’s world』といったスピーチでした。十分に聴衆を惹きつけた後に待っていたのは、「楽になるには楽になることを諦める」という素晴らしいメッセージスピーチでした。(8~10分の課題、10’25”)
Wtさん 革新的な企画立案 L5 専門知識を示すハイパフォーマンスリーダーシップ
 「舞台を創る仲間たち〜エリアコンテストの舞台裏〜」(5~7分の課題、7’32”)
先週末のエリアコンテストの体験から、後輩のメンバーに向けた温かく、かつ教訓に満ちたメッセージでした。
また、よく整理された見やすいスライドを効果的に使われていました。

■論評
Wtさん(準備スピーチWkさんへの論評)
よりよりスピーチにするには何が必要かという具体的に話に加え、みんなでアイスブレーカーを励まそうという愛情に満ちた論評でした。(3’07”)

Sさん(準備スピーチHaさんへの論評)
スピーチの目的に沿って論評をしながらも、Sさんの独特な視点から見た提案も話されました。(3’26”)

Iさん(準備スピーチHeさんへの論評)
Heさんの奇想天外なスピーチの内容を見事に分析し、さらにマニュアルに沿って、「食後の楽しいスピーチには内容が少し重すぎたのでは」と提案されていました。(3’33”)

Yさん(準備スピーチWtさんへの論評)
Wtさんの完璧と思われるスピーチに対しても、改善点を提案できるYさんの論評はベテランの貫禄を感じされるものでした。(3’39”)

Nさん(準備スピーチHeさんへの論評をしたIさんへの論評)
Nさんは論評の論評と総合論評のダブルロールでした。また、論評の論評をするのは初めてだったこともあり、課題に沿った論評が少し足りなかったように感じます。しかし、コメントには誠実さが感じられました。次回に期待したいです。(1’30”)

■総合論評:Nさん

■表彰:
ベストテーブルトピックス賞:Yさん
ベスト論評者賞:Wtさん
ベストスピーチ賞:Heさん

次の例会は4/3(金)です。非公開の臨時例会ですので、「ゲストさんもお気軽に」とご招待できず、すみません。
コロナの時期ですが、参加可能なメンバーで開催しています。通常例会が再開しましたらHPにてご案内しますので、
ご参加お待ちしています。

(作成:N)


投稿者: kagura 投稿日時: 2020-3-14 22:22:00 (27 ヒット)

神楽坂トーストマスターズクラブ 第350回例会記録
2020年3月13日 東京ボランティアセンター会議室A
参加者数:12名(会員10名、ゲスト2名)

本日はエリアコンテスト出場者の練習スピーチ2本と準備スピーチ4本という、スピーチ盛沢山の例会となりました。

■今夜の言葉:Hさん
「爛漫(らんまん)」
まもなく開花する桜をイメージした言葉です。桜の花のようにパーッと明るい例会にする意味が込められているようです。

■準備スピーチ

Kさん CC#3 ポイントを押さえる「数字の不思議」
ビートルズの ALL TOGETHER NOW の歌から始まり、カンボジアのクメル語やフランス語の数字の話、そして最後は数字のマジックも披露してアッと思わせて締めくくったスピーチでした。【7分25秒】

Bさん ダイナミックなリーダーシップL3 知識を増やす「コロナ時期の過ごし方」
コロナの影響で他のクラブは例会が中止になっているが、神楽坂しか開催していない。そんな状況でさらに仕事も在宅なので、ますます家に引きこもってしまうが、
古い友達と連絡して楽しむ
韓国のTMCに入会し、ZOOMを使って例会に参加する
自分のアイデアを暇な友達を見つけて、開発アプリで実現してもらっている
このようなことをしてポジティブに過ごしている。【5分30秒】

Hさん AC 楽しませるスピーカー #4 ドラマチックな話 「リル王の子供たち」
2500年前のアイルランドの話。リル王は妻が亡くなるとその妹と結婚するが、その妹は実は魔女でありリル王の子供たちを白鳥に変えてしまった。リル王は湖で白鳥を見て悲観していた。それから900年後、聞いたことがない鐘がなり、白鳥は人間の姿に戻った。しかし、900年の月日が経っていたので塵となり亡くなった。その鐘を鳴らしたのは、聖カトリックだった。【7分44秒】

Uさん AC技術的な発表を題材にしたプロジェクト #5 チームによる専門的な発表 「インターネットの活用と落とし穴」
事前に2回、会員にアンケートを行っており、その結果を発表。旅の失敗談を3つに分かりやすく分類し、さらに自身の旅の楽しみ方や旅先の写真も披露していました。最終的にインターネットで調べても計画通りにならないので調べ疲れになる、とまとめていました。【16分55秒】

■論評

Sさん(準備スピーチKさんへの論評)
Sさんの論評は声が大きく聞き取りやすかった。Kさんの結論がもっと良くなるように、自分の考えを具体的に伝えていました。【4分37秒】

Hさん(準備スピーチBさんへの論評)
初の論評でしたが、堂々しており、スムーズに話始めていました。スピーチの目的に沿って論評をしており、残念な点もしっかり伝えていました。【2分36秒】

Kさん(準備スピーチHさんへの論評)
論評でも間やボディランゲージを使っていました。Hさんの良さを語っていました。【3分6秒】

Hさん(準備スピーチUさんへの論評)
3つのサブ主張とメインの主張があった、写真があって楽しい、旅の失敗談を3つのカテゴリに分けていたことが良かった。ただし、表やグラフが小さいことを指摘していました。【2分20秒】

Yさん(準備スピーチBさんへの論評をしたHさんへの論評)
Hさんの論評を論評しました。聴衆のみなさんの納得感がある内容でHさんのやる気が出る論評をしていました。【3分2秒】

■総合論評:Hさん

■表彰:
ベスト論評者賞:Kさん
ベストスピーチ賞:Kさん

次回例会は3/27(金)です。コロナの時期ですが、参加可能なメンバーで開催しています。
ゲストさんもお気軽にご参加ください。お待ちしています。

(作成:H)


投稿者: kagura 投稿日時: 2020-2-15 16:06:22 (56 ヒット)

第348回例会 2020年2月14日(通常例会) 参加会員10名、ゲスト1名

今回は348回目の通常例会。当日はバレンタインデーということもあり、Uさんがチョコレートを用意してくれ、和やかな雰囲気で会が始まりました。

今夜のトーストマスターは会長のHさん。会場の設定から他の役割のフォロー、間のトーク等、バランス良くこなし例会を上手に進行させていました。
今夜の言葉はKさんより提示された「春立つ(立春)」。古今和歌集で詠まれた詩「袖ひぢてむすびし水のこほれるを 春立つ今日の風やとくらむ」からの抜粋で、気候が暖かく春めいてきた今夜の例会を表す言葉として、とても多くの方が使っていました。

その後、各役割の紹介が行われた後、Kさんによるセミナーが開催されました。内容は、今最も世間を騒がせている「新型コロナウィルス(COVID19)」の話でした。ウィルス学者のKさんによる新型コロナウィルスの実態の解説を受け、私たちの不安感情は最小化され、噂に惑わされない冷静な対処ができる知識を得ることができました。

続いて、4人のスピーカーによる準備スピーチが披露されました。

トップバッターはHトンさん。タイトルは『バレンタインデーの告白』です(AC(楽しませるスピーカー)#3人を笑わせる)。
バレンタインデーと言えば、好きな人への告白…ですが、Hトンさんは自分の正体を告白。OLは世を忍ぶ仮の姿、その実態はギャングキング!そこから明かされる衝撃の真相の数々と共に繰り広げられる笑劇に会場全体が笑いに包まれました。個人的なベスト笑いポイントは、ユ○クロのステテコが闇取引されているという新事実でした。

続いてのスピーカーは、H場さん。タイトルは『電車好きな子は賢くなる』です(革新的な企画立案L1:基本を習得する「論評とフィードバック(2回目のスピーチ)」)。
4歳のお子さんが、全ての駅名を漢字で記憶するぐらい鉄道に興味津々、将来は立派な鉄道オタクに!?という冒頭から始まります。鉄道オタクに対して最初は少し偏見があったH場さんですが、調べるうちに鉄道は子供の認知・非認知スキルの向上に役立つことが分かりました。鉄道に限らず、音楽やスポーツ等、その他に対する興味も、幼児教育の一環にとても効果的であることが示され、聴衆も納得のスピーチが展開されました。

3人目のスピーカーはNさん。タイトルは『ネット使用時の教室外の学習』です(CC#7:トピックのリサーチ)。
日本語学習者による自習のネット利用について、当該学習者を対象に、因子分析とクラスター分析による統計分析の結果を発表してくれました。学習者のレベルごとに、スマホ利用等の実態が浮き彫りになり、日本語のネイティブスピーカーである私達にも、とても興味深い話が展開されました。

最後は、Bさんによるスピーチ。タイトルは『楽しい外国語勉強法』(ダイナミックなリーダーシップL3:知識を増やす「効果的なボディランゲージ」)
自身の体験を元に効果的かつ楽しめる外国語学習の方法についてのスピーチを展開。ランゲージパートナーを作り、お互いの母国語を教え合うことで、無料で外国語の学習ができ、加えて友人もできるという一挙両得の学習法はぜひトライしてみたいですね。

栄えあるベストスピーカーは、Hトンさんでした。おめでとうございます!
 
 続いて個人論評の部では、Hトンさんに対してHさん、H場さんに対してはT(筆者)、Nさんに対してはYさん、そしてBさんについてはKさんがそれぞれ論評を行いました。

Hさんは、Hトンさんに負けず劣らずの楽しい論評で、ポイントを整理され良い点・改善点を挙げてくれました。また、Yさんは語り掛けるような柔らかい口調で、Nさんも納得の改善提案をしてくれました。最後は、大ベテランのKさん、Bさんの課題に鋭く切り込む提案を具体例やお手本を示しながら、スピーカーだけでなく聴衆も非常に勉強になる、素晴らしい論評を展開してくれました。

栄えあるベスト論評賞にはKさんが輝きました。おめでとうございます!

ビジネスセッションでは、ゲストの感想と共に以下の議題が話し合われました。
・休会員の会費値上げについて(承認)
・エリア21コンテストについて(2/29開催)

次回は、2/28(金)の通常例会です!


投稿者: kagura 投稿日時: 2020-2-1 17:43:00 (63 ヒット)

347回例会報告

2020年1月31日 東京ボランティアセンター会議室B  

参加者:13名(会員8名、入会予定者2名、ゲスト3名)



■テーブルトピックス例会の目的

当クラブには即興スピーチを苦手にしているクラブ会員が多いため、テーブルトピックスに特化した例会が企画されました。この企画の目的は以下の2点。

,いつものテーマに対して、即興でスピーチを行うことでがテーブルトピックスの経験数を増やすこと。

同じテーマに対して繰り返しスピーチを行うことで、スピーチの内容をブラッシュアップさせること。



■アイスブレーク

参加者の緊張をほぐすための2つのワーク

・こんにゃく体操(体をほぐす運動)

・ラフターヨガ(インドの「ナマステ」のポーズで笑いながら、他の参加者とあいさつするワーク。)



■ペアワーク

ウォーミングアップとして、2人1組になり以下のテーマについて各自1分間ずつテーブルトピックス

・テーマ1:今週、嬉しかったことは何ですか?

・テーマ2:今週、気になったニュースは何ですか?



■グループワーク

3人1組になり、各自異なるテーマで順番にテーブルトピックス

(2分間スピーチ ⇛ 他2人が1分間フィードバック ⇛ 同じ人が同じテーマで再度2分間スピーチ ⇛ 他2人が1分間で再度フィードバック)

・1人目のテーマ:今一番食べたいものは何ですか?

・2人目のテーマ:学生時代に夢中になったことは何ですか?

・3人目のテーマ:長いことハマったものは何ですか?



■グループワーク

異なる3人1組にグループ替えし、各自異なるテーマで順番にテーブルトピックス

(2分間スピーチ ⇛ 他2人が1分間フィードバック ⇛ 同じ人が同じテーマで再度2分間スピーチ ⇛ 他2人が1分間で再度フィードバック)

・1人目のテーマ:朝起きたら背中に翼が生えていました。どこに行きたいですか?

・2人目のテーマ:タイムマシンで昔にもどれるとしたら、いつの時代に戻りたいですか?

・3人目のテーマ:宝くじで10億円当選したら、何に使いますか?



■ビジネスセッション

・ゲストの感想

・連絡事項

・入会式(2名)



(作成者 A)


投稿者: kagura 投稿日時: 2020-1-25 21:41:00 (46 ヒット)

第346回例会記録
2020年1月24日 東京ボランティアセンター会議室A
参加者数:19名(会員14名、ゲスト5名)

本日はインハウスコンテストを開催しました!
コンテスタントは、日本語の部は7名、英語の部は2名と大いに盛り上がりました。

日本語の部
Kさん
居酒屋で騒がしかった学生に向かって伝えたWさんの言葉で静かになり、周りの人たちが気持ちよく過ごすことができた。一方、Aさんはストレートにしか物事を言えなかった。言葉の伝え方で感じ取り方が違う。
Mさん
公務員の試験や保育士の資格を諦めずに何度も頑張った。失敗しないためには諦めないことが大事だ。
Yさん
憧れの東京本社に転勤になったがハラスメントが酷い部署に行き1年で辞めた。次の会社ではブラックと聞いていたが親切にしてくれた。隣の芝生は青く見えるけど、それはあなたにとって適した肥料なのか?
Hさん
人間ドックで病気が見つかった。でもまだ妻を一人残して死ぬ訳にはいかない。来週、検査入院して来るので、病気ではなかったと胸を張った状態で次回の例会で会いましょう。
Nさん
例会が終わると身も心も晴れやかになる、細胞レベルで楽しかったと思える。主人にはゴーストバスターズと間違えられるけど、ここは笑顔で楽しく話ができるところです。
Bさん
貯金は自分のためにならない、投資が大切だ。スキルを身に付け、友達を作り、創造力を豊かにすることこそが自分のためになる。
Sさん
オタクとは「ヲタク」と書き、ある分野で異常に詳しい人のことであり、昔からいた。70年代の3M(無線、模型、マイコン)、90年代のAIG(アニメ、アイドル、ゲーム)など。オタクはありえない未来をありえる未来に変えていく力がある。

英語の部
Kさん
Bさん

表彰(日本語の部)
1位 Sさん
2位 Nさん
3位 Mさん


次回例会は1/31(金)、テーブルトピックス例会です。通常、神楽坂トーストマスターズクラブでは第5金曜日は開催していませんが、今回は特別例会として開催します。
ゲストさんも気軽にご参加ください。お待ちしています。
(作成:H)


投稿者: kagura 投稿日時: 2020-1-11 18:28:00 (67 ヒット)

 神楽坂TMC 345回例会報告
2020年1月10日 東京ボランティアセンター会議室A  
参加者16名(会員13名、ゲスト3名)

TMOE:H川さん 時間オーバーで名高いH川さんが、短く魅力的な発言を多用、年明け早々著しい成長の姿を見せた。「除夜の鐘が“ゴーン”と鳴る前にいなくなった人」など歴史に残ります。
今夜の言葉「不躾」H場さん 3名使用
テーブルトピックスス H谷川さん テーマは「神楽坂の魅力」

(作成者 K)


投稿者: kagura 投稿日時: 2019-12-28 10:51:00 (95 ヒット)

2019年12月27日 東京ボランティアセンター会議室A
参加者数:14名(会員12名、ゲスト2名)

12月27日の今年最後の第344回例会は、会員12名、他クラブゲスト1名、Non-TMゲスト1名の14名で開催されました。神楽坂オリジナルの発声練習は18:55、開会も19:00で順調なスタートでした。TMOEのWさんは、今回自らの課題タイムスケジュールを念頭に、きっちりと司会進行されました。

■今夜の言葉:Kさん
「年の瀬」「年の暮れ」
担当のIさんが遅れてしまったため、TMOE Wさんの計らいで他の役割説明を先に行いましたが、それでも間に合わず、急遽Kさんが引き受けてくれた代役でした。年末の例会にふさわしい言葉をすぐに提示できるベテランぶりに、緊張が安心に変わりました。

■テーブルトピックス:Nさん
今回、世の中が新年に注目する中、あえて2019年の干支「いのしし」に脚光を浴びせ、「い」「の」「し」「し」をキーワードに4問の質問を用意されました。
(い)今年の「いいこと」は?
回答者Yさん:大好きなアーティストのライブに偶然出会ったこと。
(の)シーズン真っ只中の「飲み会」の要否と、その理由は?
回答者Kさん:コミュニケーションのために、あったほうがいい。
(し)今年の個人的な「進歩」は?
回答者Sさん:忘年会はあったほうがいいが、泥酔して後悔するので、年数回の旅行先で出会った一番いいお酒を取り寄せ、お世話になった方々に感謝の気持ちを伝えながら配るようにした。
(し)「新年の抱負」は?
回答者Uさん:毎年聞かれて嘘をつく。立てていない抱負をそれらしく語るので、来年の抱負は「抱負を立てること」。


■準備スピーチ
。咾気鵝入会2回目のスピーチ。新婚旅行先のスコットランドのバーで、店内のお客さんからあたたかなおもてなしを受けたエピソードと、今年の夏訪れた渋谷の居酒屋でメニューが読めず困っていた外国人観光客を手助けして感謝されたエピソードを紹介。おもてなしは、時間や場所や手間をかけることばかりでなく、小さなおもてなしの輪をつなげられた、心温まる経験談でした。

■廚気鵝入会3回目のスピーチ。息子さんが小1の時、得意の柔道で困難の乗り越え方を教えた。その後大学生になった息子さんが、教授にさえ無理だと言われた英語スピーチを、努力の末絶賛されるものに仕上げた。自力で困難を乗り越えていく我が子を見て、父親自らも困難に挑戦することが出来たという、「育つ、育てる」の相互作用を実感したお話でした。

Hさん:20年前に通ったウクレレ教室で体験した、プロテジェ(メンティー)としての経験から、人が付いてくるメンターを解析。\萓犬箸竜離感、学ぶことに対する積極性、自分の目標、メンティーがこの3つを持てるかどうかが肝要である、と実体験をもとに具体的に説明されました。

Kさん:前回のスピーチ「良き師」の続編。人生のすばらしさの1つは、良き師に出会うこと。トーストマスターズで知り合った良き師・Wさんと、悪しき師を取り上げ、当時絶交した悪しき師からも学ぶことがあった、と振り返り、トーストマスターズはすべての人が先生であるとの認識をシェアされました。


■準備スピーチへの論評
。咾気鵑悗力隻勝■匹気鵝Р里ら始まり聴衆の心を鷲づかみに。構成、メッセージともにすばらしく、あえて言わせていただくのであれば、たまに文章の読み上げになってしまったことが残念。

■廚気鵑悗力隻勝■箸気鵝Ц譴蠍がフレンドリーで親近感が湧く。聞き手が入りこみやすいテーマ。前回のスピーチの改善点として指摘のあった「子供の成長が自分にどう跳ね返っているか?」がしっかり盛り込まれていた。

Hさんへの論評、Hさん:構成、導入、プロテジェ目線で終始徹した、この3点がとてもよかった。導入で使ったウクレレがそれっきりだったのがもったいない。スピーチ中の心情の変化をウクレレで表現したらもっとよかった。

ぃ砲気鵑悗力隻勝■咾気鵝年の瀬にゾクゾクするようなスピーチだった。トーストマスターズで知り合った良き師のWさんとは、今回のTMOEではなかった、いい師よりも悪い師から学べることがあった、という2つの段階的な裏切りが、聞き手の意表を突いてすごかった。前回のスピーチを聞いていない人に、前回のメッセージがわかるともっとよかった。


■総合論評:Uさん
・年末の忙しい日に、多くの会員が定刻に集まったくれた。ゲストもいらしてくれた。
・遅刻した今夜の言葉の代役をKさんが急遽引き受け、この日にふさわしい言葉を取り上げてくれた。
・TMOEが作成する例会プログラムが手違いでもう1つ用意されてしまったが、TMOEが自分のものより作って頂いたものを優先し、タイムマネージメントもそれに合わせた。
・ダブルロールの会員がいたので、TMゲストの方に役割を1つお願いしてもよかった。
・ほぼすべてのプログラムが時間通りに進み、20:54に閉会出来た。


■表彰
 ベストテーブルトピックス賞:Sさん
 ベスト論評者賞:Sさん
 ベストスピーカー賞:Kさん

■入会式
 海外赴任前まで神楽坂TMCに在籍されていたKさんの再入会。

20:54 閉会

忘年会、納会など予定が入りやすい年の瀬に、多くの方々にご参加いただき、いつも通りの笑顔あふれる楽しい例会になりました。

次回、新年最初の例会は、1月10日(金)です。お気軽にお越しください!

(作成者U)


投稿者: kagura 投稿日時: 2019-12-14 12:10:00 (89 ヒット)

2019年12月13日 東京ボランティアセンター会議室B
参加者数:22名(神楽坂TMC会員9名、東京論評TMC会員6名、ゲスト7名)

12月13日の第343回例会は、クリスマスムードに装飾された会場にて、東京論評クラブとの合同で行われました。たくさんのゲストの方にもお越しいただき、いつもにも増して充実の2時間となりました。
今回の例会は、神楽坂クラブの会員3名が準備スピーチを行い、それぞれに東京論評クラブの論評が1〜2名付き、さらに総合論評も東京論評クラブのベテランに行っていただくという、まさに論評づくしの例会でした。

■今夜の言葉:Hさん
「高鳴り」「高鳴る」 胸が高鳴るクリスマスを意識した言葉

■テーブルトピックス:Wさん
テーマを「クリスマス」で統一しつつ、廃止となった秋のスピーチコンテスト「ユーモア」、「ほらふき」、「論評」を課題とした即興スピーチのお題を投げかけました。難しいお題でしたが、当たった4名の方は見事にストーリーを作り上げました。

■準備スピーチ
。咾気鵝Д▲鵐僖鵐泪鵑離汽屮ャラクターの歴史、特性に迫り、次々と衝撃的な事実を紹介され、笑いの渦を巻き起こしました。
■箸気鵝Д棔璽ルバラエティの課題で、歌マネとナレーションを繰り返し、その違いを見事に表現されました。
Uさん:「見る」=「認識する」、その過程で、脳内変換が起こり、事実と違って見えている現象を、3つのアイテムを使って実演されました。

■準備スピーチへの論評
。咾気鵑悗力隻勝■佑気鵝■匹気
■箸気鵑悗力隻勝■砲気
Uさんへの論評、Kさん、Iさん

■総合論評:Oさん
例会開始前の会員の動きから、例会中、総合論評までの流れの中で、多くの改善点を指摘いただきました。
「総合論評の役割が一番重要で、総合論評の質が上がれば、論評・スピーチの質が上がり、例会の質が上がる」という本質的な励ましが印象に残りました。

■表彰
 ベストテーブルトピックス賞:Oさん
 ベスト論評者賞:Kさん
 ベストスピーカー賞:Sさん

例会最後に、前回入会宣言をいただいたIさんの入会式が執り行われました。
また、ゲスト2名の方より、新たに入会宣言をいただき、神楽坂クラブへの最高のクリスマスプレゼントとなりました。

21:00 閉会


次回例会は、12月27日(金)、年内最後の例会です。お気軽にお越しください!

神楽坂TMC


投稿者: kagura 投稿日時: 2019-11-23 21:38:00 (101 ヒット)

神楽坂トーストマスターズクラブ342回例会記録
2019年11月22日 東京ボランティア―センター会議室A
参加者数:20名(会員13名、ゲスト7名)

【TMOE】 Uさん
神楽坂では初TMOEでしたが終始落ち着いて、場を和ませる司会をしていました。進行の合間毎にコメントを入れたりして盛り上げようという姿勢も良かったと思います。

【今夜の言葉】 Hさん 「プレミアム」
普段聞く言葉ではありますが実際に使う事は左程ないこの言葉を、例会の至る場面で皆さん使って頂き例会がより盛り上がりました。

【テーブルトピックス】 Sさん(トピックマスター)
今後神楽坂での楽しいレクレーションを会長に提案するという事で、レクレーションにまつわるテーブルトピックでした。イラストを使った楽しい内容のテーブルトピックでした。

【準備スピーチ】
スピーチ1:Wさん 「育つ育てる」
自分の子供がいじめにあっていた時、それを子供がどのようにして克服していったか、親としてどのようにあるべきか等の、子供に対しての親の教育について考えさせられるスピーチでした。

スピーチ2:Hさん 「バンシ―なんか怖くない」
スコットランドに伝わる人の死を予告するお化けのお話。バンシ―が目の前に出てきたときの様子を体で表現していて、Hさんのオリジナリティが存分に出ていた楽しいスピーチでした。

スピーチ3:Kさん 「良き師」
Kさんが過去出会った二人の「良き師」のお話で、そのうちの一人がなんとトーストマスターズの方だったとの事。トーストでの出会いの大切さを教えてくれたスピーチでした。

【論評パート】
論評:1 Wさん
今夜の言葉を用いたプレミアムポイント1,2,3という楽しいテンポで聴衆を引きつける論評でした。Wさんのスピーチの導入部分や強いメッセージ性を評価されていました。

論評:2 Mさん
Hさんのオリジナリティの部分や、それを聴衆に共感出来るように上手く伝えていた部分を評価されていました。

論評:3 Iさん
Kさんのスピーチの構成の良さや、「良き師」が身近なトーストの会員だった事などが聴衆を引き付けていたとして良かった点として評価されていました。

【例会全体】
・19時丁度に例会が無事スタート出来た事で、特に問題なく例会が最後まで進行できました。当初想定していたよりも飛び入りなどもありゲストが7名参加され計20名となり、楽しく盛り上がった例会になりました。
・今回の例会メンバーは旧神楽坂の会員の方々や最近入会された方、レギュラー会員、入会式をする方、多くのゲストの方々などバラエティに富んだメンバーでした。スピーチした方々はいつもとは違った雰囲気でスピーチが出来てよい刺激になったと思います。
・例会最後のほうではNさんの入会式が行われ、これから益々神楽坂TMCが楽しく発展していくクラブを感じさせる入会式でした。

【表彰】
ベストテーブルトピックス賞:Hさん
ベスト論評者賞:Mさん
ベストスピーチ賞:Kさん

次回例会は12/13です。次回はなんと東京論評との合同例会となります!
東京論評の方がどんな論評を披露してくれるのか楽しみですね。
皆さん奮ってご参加下さい!

作成者:S


(1) 2 3 4 ... 14 »
Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.