▼ログイン
投稿者: kagura 投稿日時: 2020-2-15 16:06:22 (12 ヒット)

第348回例会 2020年2月14日(通常例会) 参加会員10名、ゲスト1名

今回は348回目の通常例会。当日はバレンタインデーということもあり、Uさんがチョコレートを用意してくれ、和やかな雰囲気で会が始まりました。

今夜のトーストマスターは会長のHさん。会場の設定から他の役割のフォロー、間のトーク等、バランス良くこなし例会を上手に進行させていました。
今夜の言葉はKさんより提示された「春立つ(立春)」。古今和歌集で詠まれた詩「袖ひぢてむすびし水のこほれるを 春立つ今日の風やとくらむ」からの抜粋で、気候が暖かく春めいてきた今夜の例会を表す言葉として、とても多くの方が使っていました。

その後、各役割の紹介が行われた後、Kさんによるセミナーが開催されました。内容は、今最も世間を騒がせている「新型コロナウィルス(COVID19)」の話でした。ウィルス学者のKさんによる新型コロナウィルスの実態の解説を受け、私たちの不安感情は最小化され、噂に惑わされない冷静な対処ができる知識を得ることができました。

続いて、4人のスピーカーによる準備スピーチが披露されました。

トップバッターはHトンさん。タイトルは『バレンタインデーの告白』です(AC(楽しませるスピーカー)#3人を笑わせる)。
バレンタインデーと言えば、好きな人への告白…ですが、Hトンさんは自分の正体を告白。OLは世を忍ぶ仮の姿、その実態はギャングキング!そこから明かされる衝撃の真相の数々と共に繰り広げられる笑劇に会場全体が笑いに包まれました。個人的なベスト笑いポイントは、ユ○クロのステテコが闇取引されているという新事実でした。

続いてのスピーカーは、H場さん。タイトルは『電車好きな子は賢くなる』です(革新的な企画立案L1:基本を習得する「論評とフィードバック(2回目のスピーチ)」)。
4歳のお子さんが、全ての駅名を漢字で記憶するぐらい鉄道に興味津々、将来は立派な鉄道オタクに!?という冒頭から始まります。鉄道オタクに対して最初は少し偏見があったH場さんですが、調べるうちに鉄道は子供の認知・非認知スキルの向上に役立つことが分かりました。鉄道に限らず、音楽やスポーツ等、その他に対する興味も、幼児教育の一環にとても効果的であることが示され、聴衆も納得のスピーチが展開されました。

3人目のスピーカーはNさん。タイトルは『ネット使用時の教室外の学習』です(CC#7:トピックのリサーチ)。
日本語学習者による自習のネット利用について、当該学習者を対象に、因子分析とクラスター分析による統計分析の結果を発表してくれました。学習者のレベルごとに、スマホ利用等の実態が浮き彫りになり、日本語のネイティブスピーカーである私達にも、とても興味深い話が展開されました。

最後は、Bさんによるスピーチ。タイトルは『楽しい外国語勉強法』(ダイナミックなリーダーシップL3:知識を増やす「効果的なボディランゲージ」)
自身の体験を元に効果的かつ楽しめる外国語学習の方法についてのスピーチを展開。ランゲージパートナーを作り、お互いの母国語を教え合うことで、無料で外国語の学習ができ、加えて友人もできるという一挙両得の学習法はぜひトライしてみたいですね。

栄えあるベストスピーカーは、Hトンさんでした。おめでとうございます!
 
 続いて個人論評の部では、Hトンさんに対してHさん、H場さんに対してはT(筆者)、Nさんに対してはYさん、そしてBさんについてはKさんがそれぞれ論評を行いました。

Hさんは、Hトンさんに負けず劣らずの楽しい論評で、ポイントを整理され良い点・改善点を挙げてくれました。また、Yさんは語り掛けるような柔らかい口調で、Nさんも納得の改善提案をしてくれました。最後は、大ベテランのKさん、Bさんの課題に鋭く切り込む提案を具体例やお手本を示しながら、スピーカーだけでなく聴衆も非常に勉強になる、素晴らしい論評を展開してくれました。

栄えあるベスト論評賞にはKさんが輝きました。おめでとうございます!

ビジネスセッションでは、ゲストの感想と共に以下の議題が話し合われました。
・休会員の会費値上げについて(承認)
・エリア21コンテストについて(2/29開催)

次回は、2/28(金)の通常例会です!


投稿者: kagura 投稿日時: 2020-2-1 17:43:00 (11 ヒット)

347回例会報告

2020年1月31日 東京ボランティアセンター会議室B  

参加者:13名(会員8名、入会予定者2名、ゲスト3名)



■テーブルトピックス例会の目的

当クラブには即興スピーチを苦手にしているクラブ会員が多いため、テーブルトピックスに特化した例会が企画されました。この企画の目的は以下の2点。

,いつものテーマに対して、即興でスピーチを行うことでがテーブルトピックスの経験数を増やすこと。

同じテーマに対して繰り返しスピーチを行うことで、スピーチの内容をブラッシュアップさせること。



■アイスブレーク

参加者の緊張をほぐすための2つのワーク

・こんにゃく体操(体をほぐす運動)

・ラフターヨガ(インドの「ナマステ」のポーズで笑いながら、他の参加者とあいさつするワーク。)



■ペアワーク

ウォーミングアップとして、2人1組になり以下のテーマについて各自1分間ずつテーブルトピックス

・テーマ1:今週、嬉しかったことは何ですか?

・テーマ2:今週、気になったニュースは何ですか?



■グループワーク

3人1組になり、各自異なるテーマで順番にテーブルトピックス

(2分間スピーチ ⇛ 他2人が1分間フィードバック ⇛ 同じ人が同じテーマで再度2分間スピーチ ⇛ 他2人が1分間で再度フィードバック)

・1人目のテーマ:今一番食べたいものは何ですか?

・2人目のテーマ:学生時代に夢中になったことは何ですか?

・3人目のテーマ:長いことハマったものは何ですか?



■グループワーク

異なる3人1組にグループ替えし、各自異なるテーマで順番にテーブルトピックス

(2分間スピーチ ⇛ 他2人が1分間フィードバック ⇛ 同じ人が同じテーマで再度2分間スピーチ ⇛ 他2人が1分間で再度フィードバック)

・1人目のテーマ:朝起きたら背中に翼が生えていました。どこに行きたいですか?

・2人目のテーマ:タイムマシンで昔にもどれるとしたら、いつの時代に戻りたいですか?

・3人目のテーマ:宝くじで10億円当選したら、何に使いますか?



■ビジネスセッション

・ゲストの感想

・連絡事項

・入会式(2名)



(作成者 A)


投稿者: kagura 投稿日時: 2020-1-25 21:41:00 (15 ヒット)

第346回例会記録
2020年1月24日 東京ボランティアセンター会議室A
参加者数:19名(会員14名、ゲスト5名)

本日はインハウスコンテストを開催しました!
コンテスタントは、日本語の部は7名、英語の部は2名と大いに盛り上がりました。

日本語の部
Kさん
居酒屋で騒がしかった学生に向かって伝えたWさんの言葉で静かになり、周りの人たちが気持ちよく過ごすことができた。一方、Aさんはストレートにしか物事を言えなかった。言葉の伝え方で感じ取り方が違う。
Mさん
公務員の試験や保育士の資格を諦めずに何度も頑張った。失敗しないためには諦めないことが大事だ。
Yさん
憧れの東京本社に転勤になったがハラスメントが酷い部署に行き1年で辞めた。次の会社ではブラックと聞いていたが親切にしてくれた。隣の芝生は青く見えるけど、それはあなたにとって適した肥料なのか?
Hさん
人間ドックで病気が見つかった。でもまだ妻を一人残して死ぬ訳にはいかない。来週、検査入院して来るので、病気ではなかったと胸を張った状態で次回の例会で会いましょう。
Nさん
例会が終わると身も心も晴れやかになる、細胞レベルで楽しかったと思える。主人にはゴーストバスターズと間違えられるけど、ここは笑顔で楽しく話ができるところです。
Bさん
貯金は自分のためにならない、投資が大切だ。スキルを身に付け、友達を作り、創造力を豊かにすることこそが自分のためになる。
Sさん
オタクとは「ヲタク」と書き、ある分野で異常に詳しい人のことであり、昔からいた。70年代の3M(無線、模型、マイコン)、90年代のAIG(アニメ、アイドル、ゲーム)など。オタクはありえない未来をありえる未来に変えていく力がある。

英語の部
Kさん
Bさん

表彰(日本語の部)
1位 Sさん
2位 Nさん
3位 Mさん


次回例会は1/31(金)、テーブルトピックス例会です。通常、神楽坂トーストマスターズクラブでは第5金曜日は開催していませんが、今回は特別例会として開催します。
ゲストさんも気軽にご参加ください。お待ちしています。
(作成:H)


投稿者: kagura 投稿日時: 2020-1-11 18:28:00 (30 ヒット)

 神楽坂TMC 345回例会報告
2020年1月10日 東京ボランティアセンター会議室A  
参加者16名(会員13名、ゲスト3名)

TMOE:H川さん 時間オーバーで名高いH川さんが、短く魅力的な発言を多用、年明け早々著しい成長の姿を見せた。「除夜の鐘が“ゴーン”と鳴る前にいなくなった人」など歴史に残ります。
今夜の言葉「不躾」H場さん 3名使用
テーブルトピックスス H谷川さん テーマは「神楽坂の魅力」

(作成者 K)


投稿者: kagura 投稿日時: 2019-12-28 10:51:00 (70 ヒット)

2019年12月27日 東京ボランティアセンター会議室A
参加者数:14名(会員12名、ゲスト2名)

12月27日の今年最後の第344回例会は、会員12名、他クラブゲスト1名、Non-TMゲスト1名の14名で開催されました。神楽坂オリジナルの発声練習は18:55、開会も19:00で順調なスタートでした。TMOEのWさんは、今回自らの課題タイムスケジュールを念頭に、きっちりと司会進行されました。

■今夜の言葉:Kさん
「年の瀬」「年の暮れ」
担当のIさんが遅れてしまったため、TMOE Wさんの計らいで他の役割説明を先に行いましたが、それでも間に合わず、急遽Kさんが引き受けてくれた代役でした。年末の例会にふさわしい言葉をすぐに提示できるベテランぶりに、緊張が安心に変わりました。

■テーブルトピックス:Nさん
今回、世の中が新年に注目する中、あえて2019年の干支「いのしし」に脚光を浴びせ、「い」「の」「し」「し」をキーワードに4問の質問を用意されました。
(い)今年の「いいこと」は?
回答者Yさん:大好きなアーティストのライブに偶然出会ったこと。
(の)シーズン真っ只中の「飲み会」の要否と、その理由は?
回答者Kさん:コミュニケーションのために、あったほうがいい。
(し)今年の個人的な「進歩」は?
回答者Sさん:忘年会はあったほうがいいが、泥酔して後悔するので、年数回の旅行先で出会った一番いいお酒を取り寄せ、お世話になった方々に感謝の気持ちを伝えながら配るようにした。
(し)「新年の抱負」は?
回答者Uさん:毎年聞かれて嘘をつく。立てていない抱負をそれらしく語るので、来年の抱負は「抱負を立てること」。


■準備スピーチ
。咾気鵝入会2回目のスピーチ。新婚旅行先のスコットランドのバーで、店内のお客さんからあたたかなおもてなしを受けたエピソードと、今年の夏訪れた渋谷の居酒屋でメニューが読めず困っていた外国人観光客を手助けして感謝されたエピソードを紹介。おもてなしは、時間や場所や手間をかけることばかりでなく、小さなおもてなしの輪をつなげられた、心温まる経験談でした。

■廚気鵝入会3回目のスピーチ。息子さんが小1の時、得意の柔道で困難の乗り越え方を教えた。その後大学生になった息子さんが、教授にさえ無理だと言われた英語スピーチを、努力の末絶賛されるものに仕上げた。自力で困難を乗り越えていく我が子を見て、父親自らも困難に挑戦することが出来たという、「育つ、育てる」の相互作用を実感したお話でした。

Hさん:20年前に通ったウクレレ教室で体験した、プロテジェ(メンティー)としての経験から、人が付いてくるメンターを解析。\萓犬箸竜離感、学ぶことに対する積極性、自分の目標、メンティーがこの3つを持てるかどうかが肝要である、と実体験をもとに具体的に説明されました。

Kさん:前回のスピーチ「良き師」の続編。人生のすばらしさの1つは、良き師に出会うこと。トーストマスターズで知り合った良き師・Wさんと、悪しき師を取り上げ、当時絶交した悪しき師からも学ぶことがあった、と振り返り、トーストマスターズはすべての人が先生であるとの認識をシェアされました。


■準備スピーチへの論評
。咾気鵑悗力隻勝■匹気鵝Р里ら始まり聴衆の心を鷲づかみに。構成、メッセージともにすばらしく、あえて言わせていただくのであれば、たまに文章の読み上げになってしまったことが残念。

■廚気鵑悗力隻勝■箸気鵝Ц譴蠍がフレンドリーで親近感が湧く。聞き手が入りこみやすいテーマ。前回のスピーチの改善点として指摘のあった「子供の成長が自分にどう跳ね返っているか?」がしっかり盛り込まれていた。

Hさんへの論評、Hさん:構成、導入、プロテジェ目線で終始徹した、この3点がとてもよかった。導入で使ったウクレレがそれっきりだったのがもったいない。スピーチ中の心情の変化をウクレレで表現したらもっとよかった。

ぃ砲気鵑悗力隻勝■咾気鵝年の瀬にゾクゾクするようなスピーチだった。トーストマスターズで知り合った良き師のWさんとは、今回のTMOEではなかった、いい師よりも悪い師から学べることがあった、という2つの段階的な裏切りが、聞き手の意表を突いてすごかった。前回のスピーチを聞いていない人に、前回のメッセージがわかるともっとよかった。


■総合論評:Uさん
・年末の忙しい日に、多くの会員が定刻に集まったくれた。ゲストもいらしてくれた。
・遅刻した今夜の言葉の代役をKさんが急遽引き受け、この日にふさわしい言葉を取り上げてくれた。
・TMOEが作成する例会プログラムが手違いでもう1つ用意されてしまったが、TMOEが自分のものより作って頂いたものを優先し、タイムマネージメントもそれに合わせた。
・ダブルロールの会員がいたので、TMゲストの方に役割を1つお願いしてもよかった。
・ほぼすべてのプログラムが時間通りに進み、20:54に閉会出来た。


■表彰
 ベストテーブルトピックス賞:Sさん
 ベスト論評者賞:Sさん
 ベストスピーカー賞:Kさん

■入会式
 海外赴任前まで神楽坂TMCに在籍されていたKさんの再入会。

20:54 閉会

忘年会、納会など予定が入りやすい年の瀬に、多くの方々にご参加いただき、いつも通りの笑顔あふれる楽しい例会になりました。

次回、新年最初の例会は、1月10日(金)です。お気軽にお越しください!

(作成者U)


投稿者: kagura 投稿日時: 2019-12-14 12:10:00 (66 ヒット)

2019年12月13日 東京ボランティアセンター会議室B
参加者数:22名(神楽坂TMC会員9名、東京論評TMC会員6名、ゲスト7名)

12月13日の第343回例会は、クリスマスムードに装飾された会場にて、東京論評クラブとの合同で行われました。たくさんのゲストの方にもお越しいただき、いつもにも増して充実の2時間となりました。
今回の例会は、神楽坂クラブの会員3名が準備スピーチを行い、それぞれに東京論評クラブの論評が1〜2名付き、さらに総合論評も東京論評クラブのベテランに行っていただくという、まさに論評づくしの例会でした。

■今夜の言葉:Hさん
「高鳴り」「高鳴る」 胸が高鳴るクリスマスを意識した言葉

■テーブルトピックス:Wさん
テーマを「クリスマス」で統一しつつ、廃止となった秋のスピーチコンテスト「ユーモア」、「ほらふき」、「論評」を課題とした即興スピーチのお題を投げかけました。難しいお題でしたが、当たった4名の方は見事にストーリーを作り上げました。

■準備スピーチ
。咾気鵝Д▲鵐僖鵐泪鵑離汽屮ャラクターの歴史、特性に迫り、次々と衝撃的な事実を紹介され、笑いの渦を巻き起こしました。
■箸気鵝Д棔璽ルバラエティの課題で、歌マネとナレーションを繰り返し、その違いを見事に表現されました。
Uさん:「見る」=「認識する」、その過程で、脳内変換が起こり、事実と違って見えている現象を、3つのアイテムを使って実演されました。

■準備スピーチへの論評
。咾気鵑悗力隻勝■佑気鵝■匹気
■箸気鵑悗力隻勝■砲気
Uさんへの論評、Kさん、Iさん

■総合論評:Oさん
例会開始前の会員の動きから、例会中、総合論評までの流れの中で、多くの改善点を指摘いただきました。
「総合論評の役割が一番重要で、総合論評の質が上がれば、論評・スピーチの質が上がり、例会の質が上がる」という本質的な励ましが印象に残りました。

■表彰
 ベストテーブルトピックス賞:Oさん
 ベスト論評者賞:Kさん
 ベストスピーカー賞:Sさん

例会最後に、前回入会宣言をいただいたIさんの入会式が執り行われました。
また、ゲスト2名の方より、新たに入会宣言をいただき、神楽坂クラブへの最高のクリスマスプレゼントとなりました。

21:00 閉会


次回例会は、12月27日(金)、年内最後の例会です。お気軽にお越しください!

神楽坂TMC


投稿者: kagura 投稿日時: 2019-11-23 21:38:00 (81 ヒット)

神楽坂トーストマスターズクラブ342回例会記録
2019年11月22日 東京ボランティア―センター会議室A
参加者数:20名(会員13名、ゲスト7名)

【TMOE】 Uさん
神楽坂では初TMOEでしたが終始落ち着いて、場を和ませる司会をしていました。進行の合間毎にコメントを入れたりして盛り上げようという姿勢も良かったと思います。

【今夜の言葉】 Hさん 「プレミアム」
普段聞く言葉ではありますが実際に使う事は左程ないこの言葉を、例会の至る場面で皆さん使って頂き例会がより盛り上がりました。

【テーブルトピックス】 Sさん(トピックマスター)
今後神楽坂での楽しいレクレーションを会長に提案するという事で、レクレーションにまつわるテーブルトピックでした。イラストを使った楽しい内容のテーブルトピックでした。

【準備スピーチ】
スピーチ1:Wさん 「育つ育てる」
自分の子供がいじめにあっていた時、それを子供がどのようにして克服していったか、親としてどのようにあるべきか等の、子供に対しての親の教育について考えさせられるスピーチでした。

スピーチ2:Hさん 「バンシ―なんか怖くない」
スコットランドに伝わる人の死を予告するお化けのお話。バンシ―が目の前に出てきたときの様子を体で表現していて、Hさんのオリジナリティが存分に出ていた楽しいスピーチでした。

スピーチ3:Kさん 「良き師」
Kさんが過去出会った二人の「良き師」のお話で、そのうちの一人がなんとトーストマスターズの方だったとの事。トーストでの出会いの大切さを教えてくれたスピーチでした。

【論評パート】
論評:1 Wさん
今夜の言葉を用いたプレミアムポイント1,2,3という楽しいテンポで聴衆を引きつける論評でした。Wさんのスピーチの導入部分や強いメッセージ性を評価されていました。

論評:2 Mさん
Hさんのオリジナリティの部分や、それを聴衆に共感出来るように上手く伝えていた部分を評価されていました。

論評:3 Iさん
Kさんのスピーチの構成の良さや、「良き師」が身近なトーストの会員だった事などが聴衆を引き付けていたとして良かった点として評価されていました。

【例会全体】
・19時丁度に例会が無事スタート出来た事で、特に問題なく例会が最後まで進行できました。当初想定していたよりも飛び入りなどもありゲストが7名参加され計20名となり、楽しく盛り上がった例会になりました。
・今回の例会メンバーは旧神楽坂の会員の方々や最近入会された方、レギュラー会員、入会式をする方、多くのゲストの方々などバラエティに富んだメンバーでした。スピーチした方々はいつもとは違った雰囲気でスピーチが出来てよい刺激になったと思います。
・例会最後のほうではNさんの入会式が行われ、これから益々神楽坂TMCが楽しく発展していくクラブを感じさせる入会式でした。

【表彰】
ベストテーブルトピックス賞:Hさん
ベスト論評者賞:Mさん
ベストスピーチ賞:Kさん

次回例会は12/13です。次回はなんと東京論評との合同例会となります!
東京論評の方がどんな論評を披露してくれるのか楽しみですね。
皆さん奮ってご参加下さい!

作成者:S


投稿者: kagura 投稿日時: 2019-11-9 22:24:00 (79 ヒット)

2019年11月8日 東京ボランティアセンター会議室A
参加者数:14名(会員10名、ゲスト4名)

11月8日の第341回例会は、会員10名、他クラブゲスト2名、Non-TMゲスト2名の14名で開催されました。開始は、発声練習・開会ともに定刻通り。TMOEのYさんが仕事の都合で10分遅れてしまいましたが、会長が代役を務めながら問題なく進行しました。

■今夜の言葉:Sさん
「紡ぐ」
アパレル関係の仕事をされているSさんの製糸場見学からのセレクト。例会中には、人と人とを紡ぐという意味でも用いられ淡泊な時代の人間関係の大切さを思い出しました。

■テーブルトピックス:Hさん
テーマを「映画」で統一し、4問の質問を投げかけられました。
お勧めの映画 ⊃佑らの印象と実は違う自分は? 1撚茲悩毒Ъ韻靴親本の良さ ず遒蠅燭け撚
Sさんは、映画『ジョーカー』を見て、大して根付いていない文化も盛り上がる、一方で古い文化も大切にするという二面性を、日本の良さと教えてくれました。

■準備スピーチ
。箸気鵝Ю莊邱圓辰真誉28回目の北海道旅行の一幕を紹介。ウィスキー工場見学レポートの最後に、ウィスキーの飲み方が格好いい次元大介になりたい!という願望を力説されました。
■佞気鵝Ю賁臈な話を専門外の聴衆に伝える課題で、「目の構造と病気」。「視覚」と「見る」の違い、各種目の疾患による見え方の違いなど、スライドを使って説明されました。
Tさん:自立心の高いTさんの新しい活動について、具体的に話されました。

■準備スピーチへの論評
。箸気鵑悗力隻勝■戮気鵝Ч柔とパワーポイントで内容をわかりやすく説明。声の抑揚・スピードで、説明部分と重要部分の違いが明確になっていたのがよかった。「次元大介」の説明があれば更にわかりやすいとのアドバイス。
Uさんへの論評、Hさん:スライドの作り方と、比較対象のカメラ(実物)がよかった。課題であるスピーチ中の質疑応答にも過不足ない受け答えだった。ただ、質問を挟む余地が少なかった。
Tさんへの論評、Kさん:まるで著名人のように、自信に満ちていたスピーチだった。もっと自分の主張をしてもいいと思う。

■総合論評:Mさん
・18:30には設営していた。参加人数に合わせた小さめのコの字型に机を配置。
・えーとカウンターの罰ゲーム、最多賞にバイキンマンバッジの発想が面白い。
・遅刻した言葉番長の代役をHさんが急遽引き受けてくれた。
・テーブルトピックスマスターHさんの歌がうまい、話が面白い。ただ、ちょっと長い?
・TMOEのYさんは、遅れてきたゲストの方もしっかり紹介し、ゲストが溶け込みやすい雰囲気を作った。計時係への誘導もあった。
・論評Kさんは、メモも見ないで話すベテラン。スピーチのデリバリーや構成にも触れるとよかった。

■表彰
 ベストテーブルトピックス賞:Sさん
 ベスト論評者賞:Kさん
 ベストスピーカー賞:Uさん

20:55 閉会

今回も、オリジナリティあふれる楽しい例会でした。


次回例会は、11月22日(金)です。お気軽にお越しください!

(神楽坂TMC)


投稿者: kagura 投稿日時: 2019-10-26 10:25:00 (168 ヒット)

2019年10月25日 東京ボランティアセンター会議室A
参加者数:16名(会員13名、ゲスト3名)

■今夜の言葉:Kさん
「ながめ(眺め・長め・長雨)」
色んな意味で使えるフレーズをあげていただきました。

■テーブルトピックス:Uさん
 テーマ「ストレス」
「ストレス」の一般調査からランキングの高い「ストレス」を抜粋し質問してくれました。
「他人から感じたストレスは?」:Uさん(2:19)
電車の中で前に鞄を抱える人とパーキングですぐ傍に車を駐車する人
「臭いから感じたストレスはありますか?」:Hさん(2:05)
同僚のチキン南蛮弁当のタルタルソースが臭い
「上司に臭いのストレスを感じたことはありますか?」:Bさん(2:14)
上司の臭いではなく、近隣の踏切の音に悩まされている
「旦那さんにストレスを感じたことはありますか?」:Iさん(1:00)
旦那さんではないが「質問を質問で返す人」にストレスを感じる
「自分の臭いで気になることはありますか?」:Sさん(2:18)
自分の足の臭いは強烈に臭いが水虫対策で消毒液をかけることで解消できた
■準備スピーチ
Sさん パスウェイズL1:論評とフィードバック2回目「私の人生に欠かせないもの」
 人生に欠かせない程大好きなアイドルグループ「A」の魅力を伝えるスピーチの第2弾!
今回はメンバーの「MJ」「NK」について詳しくそして情熱的に説明していただきました。
(8:13)

Wさん パスウェイズL1:論評とフィードバック2回目「もっと話したくなる!公共図書館活用法」
NYの図書館の目的である「情報の平等化」としてWIFIルーターを無料貸し出しすることから始まり、日本の図書館でもそれぞれの図書館が個性的なサービスを実施している現状と自身の図書館巡りから得られた図書館のあるべき姿まで図書館を利用したくなる便利でお得な情報満載のスピーチをテンポよく講談のような語り口でお話いただきました。(7:34)

Hさん CC4:表現方法 「本当に悪いのは誰だ」
本当に悪いものは世の中の裏にある。自分の好き嫌いでその人や事柄を判断するのではなく
その背景に何があり、どんな目的で動いているのかを推察することが大切だ。自分は政治家Aが嫌いだが、嫌いだから悪いのではない。その裏に潜むものが悪いから同じ結論へと繋がる。スピーチにおいてもその根拠、裏にあるものが一番大切だ。(8:14)

Bさん CC3 ポイントを抑える「多重派遣はなぜいけないのか」
給与が良いとのことで、新しい会社に転職したは良いものの、給与は未払いのブラック企業
だった。給与を支払わない会社ならと無断欠勤をすると、社員全体から集中攻撃、まるでABCD包囲網のよう、勝手に休むのは良くないが給与が支払われない会社に出社する意味とは?。(9:01)

■論評
Hさん
Sさんの良いところを沢山見つけ伝える愛のある論評でした。「キラースマイル」と称し、Sさんの情熱的な部分を見つけ伝えていました。次回に繋がる内容でした。(3:29)
Uさん
Wさんしかできないであろう上級的テクニックをわかりやすく解説してくれた論評でした。まるで「講談」を見ているような「テンポ」と「切れの良さ」その中に具体例が数多く凝縮されている点を説明してくれました。(3:23)
Yさん
Hさんのスピーチの良い部分を丁寧に見つけながらも、さらなる改善点としてボディーランゲージを用いて表現することの重要性を示唆していましたが、後半はHさんに論評内で質問をしてしまい、タイムオーバーとなってしまいました。(4:20)
Kさん
Bさんのスピーチに対して一番盛り上がったフレーズをしっかりと評価しながらも今後の改善点をわかりやすく論評されていました。プロジェクト目標に沿って論評をし、事前準備の良さを指摘していました。(3:20)

■総合論評:S

■表彰:
ベストテーブルトピックス賞:Sさん
ベスト論評者賞:Uさん
ベストスピーチ賞:該当者なし

次回例会は11/8(金)です。ゲストさんも気軽にご参加ください。お待ちしています。

(作成:S)


投稿者: kagura 投稿日時: 2019-10-13 13:10:00 (140 ヒット)

神楽坂トーストマスターズクラブ 第339回例会記録

2019年10月11日 東京ボランティア―センター会議室A
参加者数:11名(会員 11名)

■今夜の言葉:Iさん
「つつがなく(恙なく)」

■テーブルトピックス:Hさん
 テーマ「秋」
1 かぼちゃ、サツマイモ、クリのどれが好きか:Hさん【1分20秒】
どれもあまり好きではないが、しいて言えば外食で子供が頼むお子様ランチに入っていて、子供が残すかぼちゃをよく食べる。
2 恐れているもの:Kさん【2分07秒】
飛行機が怖い。怖さを解消するためどうして揺れるか原因を考え、山脈など地形の影響であることを理解して恐怖を和らげている。
3 自分の考える新たな妖怪:Hさん【2分36秒】
子供のころ絵を描くことが好きで、画用紙に書いた「逆さま人」が気に入って、今でも覚えている。
4 厄払いしたいこと:Mさん【1分29秒】
どうにもならないことが気になって、いつまでも悩んでしまう自分を払いたい。
5 大切な記念日:Uさん【2分24秒】
好きなバトミントンに関する仕事に就いた日が今年の誕生日なので記念日になった。

■準備スピーチ
Sさん 影響力ある説得 L1:基本を習得する「どんなときも」
槇原敬之の「どんなときも」を歌唱。これまで歌が好きでジャズボーカルやバンドマンの旦那さんとユニットを組んでお祭りなどで歌っている。トーストマスターズに入会した理由は仕事で家業の服の販売をしており、事業が拡大して多くの部下を持つリーダーになった。しかし、みんなの前で話すときにうまく話せないので、わかりやすく、時に冷静に、時に情熱的に、歌を歌うように話せるようになりたい。【6分0秒】
Wさん L1:基本を習得する「私と○○」
北海道伊達市出身で、都会に出たいという思いから東北での大学生活を経て東京で就職した。「ブランド人になれ」を読みトーストマスターに興味を持ち、いくつかのクラブを見学して神楽坂クラブに入会した。自己紹介として自身の趣味である格闘技の護身術を紹介。危険な場所に行かないことが良いと説明をした。【6分18秒】
Iさん チームコラボレーションL1:論評とフィードバック(2回目のスピーチ)
「あなたも登れるキリマンジャロ」
2005年7月にキリマンジャロ登山に行った。その経験から誰でも登れるポイントとして3点ある。
1点目はガイドやポーター、コックのサポートがあり、身1つで登れる。2点目は1週間くらい時間をかけてゆっくり上ることで高山病が防げる。3点目はシェフが同行してくれるためおいしい食事が食べられる。そして、下山してから飲んだパイナップルジュースがとてもおいしく感じた。【8分10秒】
Hさん AC(物語の話術)#3ストーリーの教訓 「エレノアの唄」
幸せな王国がスコットランドからの侵略の危機に見舞われた。侵略を回避するためには姫君の献上を求められた。困った国王はハーレムの美女から最も美しくない者を姫君の代わりを出すことにした。美女を選ぶため、画家が似顔絵を描くことになった。美女たちは自分を美しく書いてもらうために画家にわいろを渡した。しかし、最も若くて美しいエレノアだけはワイロを渡す事を思いもしなかったため、エレノアがスコットランドに差し出されることになった。しかしスコットランドでは部族の妃として迎え入れられ、子供にも恵まれて、エレノアは幸せな人生を送った。この物語には正直に生きることは決して損をすることではないという教訓が含まれており、物語すべてが中国の「王昭君」を模したものであることが明かされた。【6分48秒】

■論評
Kさん
「ドレミの歌」から始まる論評でSさんのスピーチにこたえた。良い点として、自己紹介に歌が好きなこと、自分の仕事、入会した理由の3点がきちんと説明されたこと、さらに歌の表現力が挙げられた。【3分10秒】
Uさん
初めてWさんが例会に参加した時の様子などをスピーチ内容に絡めてWさんの人柄、表現力、周りを巻き込む力を高く評価した。【3分32秒】
Yさん
プログラムの目的に従って、前回のスピーチからの改善点を踏まえた論評であった。良い点として細かな情景描写によって、聴衆がより具体的に登山の様子を想像できる事が挙げられた。【3分28秒】
Wさん
表現力の高いHさんのスピーチに対し、スピーチの目的を踏まえた冷静な論評だった。改善点としてタイトルと内容の齟齬を上げ、具体的な改善内容が提案されたことで、聴衆も納得の論評だった。【3分17秒】

■総合論評:M
フィードバックタイムを利用してKさんから今夜の言葉「つつがなく(恙なく)」の由来やHさんの物語の元となった「王昭君」の内容について紹介があった。

■表彰:
ベストテーブルトピックス賞:Uさん
ベスト論評者賞:Kさん
ベストスピーチ賞:Sさん

次回例会は10/25(金)です。ゲストさんも気軽にご参加ください。お待ちしています。

(作成:M)


(1) 2 3 4 ... 14 »
Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.