▼ログイン
*例会報告 : 第255回例会
投稿者: kagura 投稿日時: 2016-7-16 23:37:27 (345 ヒット)

第255回例会 2016年7月8日(通常例会) 参加会員16名

今日は今季初の例会、新役員を始め、会員そしてゲストの皆さんもやる気に満ちていました!

開始10分前には9割の方が揃い、例会前のウォーミングアップ、「早口言葉」を順番に読み上げる発声練習から始まりました。そして、笑顔の中に若干の緊張(?)を垣間見せつつ、M田副会長より定例会の開会が宣言されました。

今夜のトーストマスターは、同じくM田副会長。非常に安定感のある進行です。今夜の言葉は、K口さんより各国政治情勢および日本の参院選にちなんだ言葉、「精選」が掲げられました(前回は「離脱」)。
その後、各役割の紹介が行われたのち、スピーチの部が開始されました。

次いでO内さんのテーブルトピックスでは、時季を捉えた素晴らしいテーマ「七夕」を軸に、七夕の背景や豆知識を交えつつ、参加者にお題が与えられていきます。テーブルトピック賞に輝いたのはHトンさん!
与えられたお題は「外で通じなかった家族内の常識」。Hトンさんは幼少のころより英語・日本語・中国語で会話が繰り広げられるトリリンガルな日常を過ごされ、友人や親戚相手にも三ヶ国語で話しかけていたら何故か話が通じず…中々、普通の人は経験できない体験談を笑いを交えて紹介してくれました!

続いて準備スピーチの部。トップバッターはアイスブレークとなるSさん。「大器大晩成」という意味深なタイトルに聴衆の皆さんは釘づけ。ご自身のこれまでの多彩な経験を生かす集大成を発表してくれました。
2番手は、K澤さんの「にほんごのせんせい」と題したスピーチ。日本語教師という職業とトーストマスターズの共通点を、実体験を元にスピーチされました。聴衆からのつっこみやイジリも生かしつつ、最後まで飽きさせない面白いスピーチでした!
3番手はKさん。海外赴任が決まり、神楽坂TMCは本日が最後の参加となります。赴任先にちなんで「カンボジア私的プロジェクト5」。赴任先で挑戦予定の5つの計画の構想をお話いただきました。『大人の決断』という名言も飛び出し、ベストスピーチ賞も獲得され、非常に印象に残るスピーチでした。5つのプロジェクト達成を祈念しております!
最後、Oビさんのスピーチは、「これも財産なんです」。 来日以前のOビさんの、九州への初旅行についてのスピーチ。ダイナミックな動きを交えた芸人顔負けの語りに抱腹絶倒!終始、圧倒されるスピーチでした。次に旅行行くときもぜひ梅雨の時期に行ってまたネタを持ち帰ってほしいですね。
 
個人論評の部では、最初にSさんに対する論評をK野さんが行いました。スピーチの目的を踏まえつつ、優しい語り口調で的確に良い点や改善点を述べられていました。K澤さんに対してはHトンさんの論評。「諸刃の剣」という表現で上手に改善点を指摘されていたと思います。KさんにはK藤さんの論評。いつもながら的確かつ愛にあふれる論評、非常に参考になります!最後にOビさんの論評は、M浦前会長が担当。必ず一笑いを入れるその姿勢、それでいて的確な評価・指摘!勉強になります!
どれも素晴らしい論評でしたが、ベスト論評は、K藤さんに軍配が上がりました!

そして、そして…例会の最後に今季エリアディレクターにご昇格(?)されたM浦さんより神楽坂TMCの他、飯田橋、東京メトロを踏むエリア27についてのお話がありました!
今期のスローガンは、「The most Noisy Area」になることです。道場破り枠を設ける等、クラブ間の交流を活性化させることが狙いにあるそうです。

その他、新規会員2名の入会式も執り行われました!素晴らしい!
神楽坂TMCもこのスローガンにちなんで、どんどん盛り上がっていきたいですね!

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.