▼ログイン
*例会報告 : 第314回例会
投稿者: kagura 投稿日時: 2018-9-30 20:55:46 (71 ヒット)

平成30年9月28日(金) 第314回 神楽坂TMC例会報告
会 場:東京ボランティアセンター 会議室A
出席者:15名
ゲスト: 1名 U井さん(秋葉原TMC)
受 賞:ベストテーブルトピックス S井さん
    ベスト論評        K藤Sさん
    ベストスピーカー     A津さん

 今回は会長が少し遅れて参加するということで、初々しいS井さんの開会宣言で例会が始まりました。例会前には神楽坂TMC名物の早口言葉で発声練習も行い準備も万全でした。
 今回の司会はH谷川さん。冒頭から自身の趣味に関するエピソードで例会を盛り上げました。係りの紹介では入会間もないメンバーや初めての役割を担当するメンバーも役割内容をしっかり把握していました。
 テーブルトピックスはマスターIさんから「9月28日は狂犬病の日」ということで狂犬病にまつわるお題が出されました。「あなたは犬派?猫派?」や「プレゼントされるならどんなペットがいい?」など身近なお題では即興ならではの意外なエピソードが飛び出しメンバーの新たな一面がみられました。一方、「もし狂犬病になってしまったら最後にどんなことを後悔するか」や「日本の衛生環境が良いと感じるのはどんな時か」というお題には、ベテランK藤Sさん、ゲストU井さんのお題の背景がしっかり説明されたスピーチに2分半とは思えない内容の濃さを感じました。ベストテーブルトピックス賞をとられたS井さんは「あなたは狂犬病にかかってしまいました、最後に食べたいものは何ですか?」というお題に、インド旅行で久しぶりに食べたカレーの美味しさを伝え、最後にはカレーを食べたいというおいしいスピーチでした。
 スピーチの部
 一人目は初スピーチ A津さんの「はじめましてスピーチはじめました」。最初こそ緊張していましたが、メモを見ずにしっかり聴衆とアイコンタクトをとって堂々とした様子でした。内容は出身地や自身の仕事の内容、趣味はボディーランゲージを交えて紹介し、最後にはTMCに入会した理由までまとめ、しっかりとした自己紹介のスピーチでした。二人目はCC#4 M田さんの「会社に行かずに」。最近自身が始めたテレワーク勤務について、メリット、デメリットを自体験をもとに説明して、実感のこもったわかりやすいスピーチでした。三人目は表現力では神楽坂で右に出る人はいない、AC#5 Hトンさんの「モン・パリはいずこへ?」。今回は衣装のような服装、帽子をかぶっての登場。1900年ごろのパリの様子を中心に、写真を多用しながら衛生環境や地下鉄などの街の発展の様子を紹介しながらも、パリへの思いをはせる素敵なスピーチでした。
 論評の部
 A津さんにはベテランのK藤Sさんが論評しました。良い点を「さすがシステムエンジニア」という一言に象徴し、ポイントを3点ずつ上げる構成のわかりやすさを評価されました。さらに期待する点として感情表現を用いることで聴衆の共感を得られるというステップアップの技術を提案されました。M田さんにはK藤Jさんが論評をしました。スピーチ目標である表現方法のポイントに沿った論評で、構成についても具体的な改善点が上げられ、わかりやすい論評でした。HトンさんにはS井さんが論評しました。Hトンさんのいつの間にか世界に引き込む導入部分から細かい情報を使った臨場感あるスピーチを評価し、残念ながらタイムオーバーしてしまった点について、構成の見直しを提案する前向きな論評でした。

 ゲストのU井さんからは楽しい例会だったと感想があり、特に論評のレベルの高さを評価されていました。
例会全体も時間どおりに進み、メンバー全員が協力して実り多い秋の一夜となりました。


印刷用ページ このニュースを友達に送る
Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.