▼ログイン
*例会報告 : 第343回例会
投稿者: kagura 投稿日時: 2019-12-14 12:10:00 (89 ヒット)

2019年12月13日 東京ボランティアセンター会議室B
参加者数:22名(神楽坂TMC会員9名、東京論評TMC会員6名、ゲスト7名)

12月13日の第343回例会は、クリスマスムードに装飾された会場にて、東京論評クラブとの合同で行われました。たくさんのゲストの方にもお越しいただき、いつもにも増して充実の2時間となりました。
今回の例会は、神楽坂クラブの会員3名が準備スピーチを行い、それぞれに東京論評クラブの論評が1〜2名付き、さらに総合論評も東京論評クラブのベテランに行っていただくという、まさに論評づくしの例会でした。

■今夜の言葉:Hさん
「高鳴り」「高鳴る」 胸が高鳴るクリスマスを意識した言葉

■テーブルトピックス:Wさん
テーマを「クリスマス」で統一しつつ、廃止となった秋のスピーチコンテスト「ユーモア」、「ほらふき」、「論評」を課題とした即興スピーチのお題を投げかけました。難しいお題でしたが、当たった4名の方は見事にストーリーを作り上げました。

■準備スピーチ
。咾気鵝Д▲鵐僖鵐泪鵑離汽屮ャラクターの歴史、特性に迫り、次々と衝撃的な事実を紹介され、笑いの渦を巻き起こしました。
■箸気鵝Д棔璽ルバラエティの課題で、歌マネとナレーションを繰り返し、その違いを見事に表現されました。
Uさん:「見る」=「認識する」、その過程で、脳内変換が起こり、事実と違って見えている現象を、3つのアイテムを使って実演されました。

■準備スピーチへの論評
。咾気鵑悗力隻勝■佑気鵝■匹気
■箸気鵑悗力隻勝■砲気
Uさんへの論評、Kさん、Iさん

■総合論評:Oさん
例会開始前の会員の動きから、例会中、総合論評までの流れの中で、多くの改善点を指摘いただきました。
「総合論評の役割が一番重要で、総合論評の質が上がれば、論評・スピーチの質が上がり、例会の質が上がる」という本質的な励ましが印象に残りました。

■表彰
 ベストテーブルトピックス賞:Oさん
 ベスト論評者賞:Kさん
 ベストスピーカー賞:Sさん

例会最後に、前回入会宣言をいただいたIさんの入会式が執り行われました。
また、ゲスト2名の方より、新たに入会宣言をいただき、神楽坂クラブへの最高のクリスマスプレゼントとなりました。

21:00 閉会


次回例会は、12月27日(金)、年内最後の例会です。お気軽にお越しください!

神楽坂TMC

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.