▼ログイン
投稿者: kagura 投稿日時: 2018-3-29 0:26:46 (496 ヒット)

神楽坂トーストマスターズクラブ302回例会記録
2018年3月23日 東京ボランティア―センター会議室A
参加者数:12名(会員7名、ゲスト5名)
●今夜のトーストマスター:Y口
●今夜の言葉:「刺客」
福島からの出張から帰ってきたばかりのH川さん。福島の惨状を見てあらためて現在の
政治に強い憤りをかんじたとのこと。かつて政治で話題になった「刺客」という言葉を
今夜の言葉として提示しました。
●準備スピーチ
スピーチ1:H田さん CC#2「オンラインサロン」
 ご自身がよく利用されている「オンラインサロン」の特長を紹介するスピーチでした
。仝コミで良質な情報が得られる、日本全国・世界各地の会員と交流できる、オ
ンラインだけでなくイベントも開催されている、という3つのポイントを提示していて
、論理的で分かりやすいスピーチでした。
スピーチ2:T橋さん、CC#6「本当に大丈夫だと思っていますか?」
 日頃感じている金融に関する問題意識をスピーチにしてくれました。特筆すべきは演
出の仕方。ニュース番組でニュースキャスターと2人のコメンテーターが議論している
様子をスピーチに取り入れていました。実際に、3人の登場人物を声色を変えて表現し
ていたり、音楽や小道具を活用して実際のニュース番組を見ているような臨場感あふれ
る演出でした。
●論評
論評1:W辺さん
論評に初挑戦したW辺さん。初めてとは思えないような堂々とした論評でした。H田さ
んのスピーチの長所と短所を具体例を示しながら1つ1つ分かりやすく話していました
。また、メモを見つつも、しっかりと聴衆とアイコンタクトをとっていたのが印象的で
した。
論評2:H−トンさん
T橋さんのニュースキャスターの演出に対抗して、スポーツキャスターの立場で論評を
行いました。数字を書いた紙を利用して、個別の長所・短所を具体的な点数で表示する
という斬新な演出が印象に残りました。
●総合論評:Y口
 役割分担や会場の準備など、短い時間の中で迅速に行っている点を評価し、神楽坂クラ
ブではお互いに協力し合いながら、例会の運営が行われていることを指摘しました。
●Pathwaysセミナー
 2018年から教育プログラムがCCマニュアル、CLマニュアルからPathwaysに変更されま
す。今回はPathwaysガイドのI原さんをお招きして、5月に導入されるPathwaysの利用方
法についてセミナーを開催しました。
●表彰:
ベスト論評者賞:W辺さん
ベストスピーチ賞:H田さん

<要点>
●導入時期の変更
 ・Pathways導入日は4/24(火)とアナウンスされていたが、5/3(木)に変更となった。
●現行の教育プログラムについて
 ・2020年6月まではCCマニュアル、CLマニュアルとPathwaysの両方が利用できる。
 ・4月24日までに本部への登録手続きを終えている場合には、新規入会の方でも
PathwaysとCCマニュアル、CLマニュアルの両方を利用することができる。
(4月25日〜5月3日はサーバーがストップするため、登録手続ができない。)
●利用方法
 ・例会のプログラムはPathways導入後も変わらない。
 ・3月に更新手続きを終えた会員は無料でPathwaysを利用することができる。
 ・1つのクラブに所属している会員はPathを1つ無料で利用できる。
 ・2つ以上のクラブに所属している会員(デュアル会員)はPathを2つ無料で利用できる。
 ・Pathwaysを利用するためにはToastmasters Internationalのホームページにログインす
る必要がある。
・ Pathwaysには10個のPathがある。どのPathを選ぶかは、オンライン上のアンケートで
使って自分のニーズを確認し、決めることができる。
 ・Pathwaysのプログラムのうち、Ice Breakだけは現段階でも利用することができる。
 ・例会で論評を行った際は、論評者がオンライン上でコメントを入力する。例会で紙媒
体の論評シートに記入した後で、PDFファイルや画像ファイルにスキャンしてアップ
ロードすることも可能。
●その他
 ・今後もVPMと協議してオンラインミーティングを開催し、利用方法への理解を増して
もらうように努めていく。
●二次会
二次会はボランティアセンターの上の階にある居酒屋「北海道」で行われました。
6名が参加。入会希望者が2人参加したことから、スピーチのコツやトーストマスターズ
の具体的な活動内容に関する話を交えつつ、楽しいひと時を過ごしました。

(作成:Y口)


投稿者: kagura 投稿日時: 2018-1-26 22:48:00 (196 ヒット)

第298回例会 2018年1月26日(通常例会) 参加会員14名

今回は298回目の通常例会。今回も多くのゲストの方に参加頂き大盛況の例会でした!
開始10分前にはほぼ全員が揃い、例会前のウォーミングアップ、「早口言葉」を順番に読み上げる発声練習から始まり、T橋会長より定例会の開会が宣言されました。

今夜のトーストマスターは、H川さん。初めてにも関わらず非常に安定感のある進行です。
今夜の言葉は、M田さんより提示された「十人十色」。先日の大雪と絡めたひねりの効いた言葉で、とても多くの方が使っていました。
その後、各役割の紹介が行われたのち、スピーチの部が開始されました。

S井さんのテーブルトピックスでは、やはり先日の大雪に焦点が当てられて、テーマは「雪」。雪あるいは冬を軸に、皆さんの経験や願望に関するお題が与えられていきます。
「冬の寒さに勝つために何をしますか?」という題では、K藤Sさんから、「『暖房、栄養、休養』の三つが大事だ」という韻を踏んだ、素晴らしくかつ実用的なお話を展開され、見事にテーブルトピックス賞を獲得しました。

そして、スピーチの部です。

トップバッターはW辺さん。タイトルは「アンガーマネジメント」です(課題はCC#2:スピーチの構成)。
怒りをコントロールする方法について、順序だてて分かり易く解説してくれました。怒りは、一次感情をきっかけとした二次感情なので、そのきっかけとなった一次感情に焦点を当てて、客観的に怒りを分析するとコントロールし易くなるそうです。万人にとって、非常に
ためになるスピーチでした。

続いて、Sさんの「人の冬眠」と題した、人体の冷凍保存についてのスピーチです(課題はCC#2:スピーチの構成)。
人体冷凍保存は、1967年に米国の精神科医が始め、現在までで300人超がトライしてきたそうです。冷凍保存というSF的な話を、法律が専攻のSさんらしく、「人の死の定義」という難しい法的な問題も交えてスピーチしてくれました。

3番手はO道さん。「森の幼稚園」について、ご自身の研究発表をスピーチとして披露してくれました(課題はCC#3:ポイントをおさえる)。
ヾ兒…敢此↓▲ぅ鵐織咼紂篠敢此↓質問票調査から得られた結果と考察を元に、ドイツにある「森の幼稚園」と、日本の幼稚園を比較することで、森の幼稚園の良さを浮き彫りにしてくれました。

最後は、Y口さんのスピーチ。「ランニング継続のコツ」です(課題はCC#6のボーカルバラエティ)。毎週、皇居をランニングされ、最初は辛かったものの、4年間も継続しているそうです。その継続のコツは、一緒に走るランニング仲間の存在。仲間の存在が、長期にわたる継続を支えてくれたとのことです
。思わず、走りたくなるY口さんらしいスピーチでした。

栄えあるベストスピーカーは、W辺さんでした。おめでとうございます!
 
続いて個人論評の部では、W辺さんに対するH田さんの論評。
Sさんに対してはS藤Jさん。
O道さんにはHさん。
Y口さんの論評は、H川さん。

皆さん、上手に論評をこなすなか、非常に分かり易く的確な論評をされたH田さんがベスト論評賞に輝きました。おめでとうございます!

次回、2/9(金)の299回例会は、国際スピーチコンテストのインハウスコンテストです。


投稿者: kagura 投稿日時: 2018-1-15 23:26:39 (166 ヒット)

神楽坂トーストマスターズクラブ297回例会記録

2018年1月12日 東京ボランティア―センター会議室A
参加者数:14名(会員11名、ゲスト3名)

テーブルトピックスのY口さんが遅れたため、先に準備スピーチを行いました。
■今夜のトーストマスター:S井さん
■今夜の言葉:Hートンさん
「きらびやか」「喜怒哀楽」
歌舞伎を鑑賞したときの感想。自己紹介のときに「きらびやか」をポロッと発言してしまったため、今回は2つとなりました。

■テーブルトピックス:Y口さん
テーマは「お正月」

1 今年の目標:T橋さん【2分30秒】
スポーツはボルダリング、文科系は仮想通貨投資。ボルダリングは家族に鍛えた体を見てもらうため。

2 今年会ってみたい人:Hートンさん【2分9秒】
好きな小説家に会いたい。チャールズ・ディケンズ、キャロル(不思議の国のアリス)、ルイス(ナルニア王国)など

3 お年玉を貰ったら何に使うか:K森さん【1分37秒】
布団乾燥機と東南アジア旅行。年始にスリランカに旅行し、東南アジアにはまりだした。

4 お正月料理で好きなもの:U辺さん(ゲスト)【1分39秒】
大きなエビがのった年越しそば。妻がそばを打って作っている。

5 神様へのお願い事:K玉さん(ゲスト)【2分13秒)
2人に告白して振られたので、友人と目黒の瀧泉寺で今年の恋愛成就をお願いした。

■準備スピーチ
W辺さん CC#1「自己紹介」
ご自身の住まい、趣味(インドア派で休みはビデオ鑑賞)、お仕事(人事部でメンタルヘルスを担当)を堂々とスピーチしていました。 【4分23秒】

H川さん、CC#4「アーベー物語」
ある王国での王が民を支配するために家来との会話を独特の世界観で表現しました。 【7分3秒】

Iさん、AC#2「私はボルシチが食べたい!」
電子ビザが無料になったロシアでボルシチを食べたいが、現地で挨拶や注文が最低限できるように6種類だけのロシア語だけを覚えれば良いとアピール 【7分15秒】

■論評
T橋さん
良かった点が、メモを見ない、アイコンタクト、今夜の言葉を使った余裕さ、構成が分かりやすい、
など7つも挙げ、W辺さんのスピーチが堂々としていたことを評価していました。 【3分39秒】

K森さん
課題の「表現方法」に沿って良い点・改善点を丁寧に分かりやすく指摘していました。聞いている人が誰もが納得できる論評でした。 【2分19秒】

H田さん
初めての論評が大先輩のIさんにも関わらず、良かった点だけでなく改善点もしっかり分析して論評していました。 【4分9秒】

■総合論評:H谷川
S井さんが早く来て会場の準備をしていたこと、テーブルトピックでは初めにテーブルトピックとは何かをゲストに分かりやすく説明して良かったと発言しました。

■表彰:
ベストテーブルトピックス賞:K玉さん
ベスト論評者賞:K森さん
ベストスピーチ賞:Iさん

■その他
2次会は一品香。
2/9はインハウスコンテスト、3/18はエリアコンテスト。


投稿者: kagura 投稿日時: 2017-12-10 19:59:26 (221 ヒット)

神楽坂TMC295回例会報告
・2017年12月8日 18:50-21:00  雨、寒い日
・東京ボランティアセンター会議室A

<はじまり>
ゲスト3人(初めて2人、他クラブ1人)
発声練習:早口言葉
今夜のトーストマスター:Y口さん。2回目だけど落ち着いていた。ホワイトボードに発言予定者のリストをあらかじめ書き、準備が良かった。
今夜の言葉:「てんてこ舞」T橋さん(ピンチヒッターで)。12月にふさわしく6人が使用。

<テーブルトピックス>
「年末」K村さん(誰がゲストであるのかをよく見ていて、広く指名した)
1、 てんてこ舞いの経験:今年11月の娘の転勤に伴う慌ただしい引っ越し。
家の後かたずけが、てんてこ舞い。K藤Sさん。2分10秒
2、 2017年の宿題:お棺の中に入って5分間、人生を振り返る珍しい体験をした。S藤さん(ゲスト)。2分20秒
3、 12月の食事:筑波の自宅でのもちつき。それを食べきらなくてはならない苦痛。G頭さん(今季初めて出席した)。1分22秒
4、 2017年嬉しかったこと:好きだったピカチュウの科白「いつまでもいっしょにいようね」T野さん(ゲスト)。喫4秒。
5、 サンタへのリクエスト:会社を立ち上げたが、その成功を。F田さん(ゲスト:入会に意欲的。入会宣言だったのかな?)。1分22秒

ベスト賞:G頭さん

<スピーチ>
1、「私の仕事」CC#1。Y田さん。小さい時から料理に興味。職場もカレー会社で、そこで、香辛料の研究をしている。趣味が仕事に。3分57秒。
2、「自己紹介」CC#1。Kさん。子供時代、学生時代、社会人時代の3部作。30歳で独立して今はIT企業。あいだみつをの「しあわせはじぶんの心が決める」が好き。5分14秒。
3、「仕事に対する価値観」CC#3。H谷川さん。書いたものを掲示してドナルド・スーパーの『14の労働価値』から自分の労働意欲の1番は「達成」にあると分析。7分17秒。
4、「文化の成熟とは」CC#3。K藤Jさん。イギリスに1月滞在し、文化の成熟を感じた。それは、博物館が無料であり、売り上げの1部が寄付になる店舗が存在した事。5分55秒。

ベスト賞:H谷川さん

<論評> K藤Sさん
1、 Lさん:「サラリーマンだから」という前置きを取れば、一般化できるので、小さな言葉だけど注意をという指摘。2分25秒。(スピーカーが落ち着いていたので、論評者の方が緊張して始まったが良い改善点の指摘)
2、 H-トンさん:時代の経過に沿って話した分かり易さ。自分の好きな言葉の紹介が良い自己紹介になった。3分24秒。(豊かな日本語を駆使していた)
3、 Iさん:時間管理の良さを褒め、資料を掲示した良さと、それが読みにくかったマイナス面の両方の複眼的な評価。3分20秒。(スピーチコンテストへ誘うレベルアップを促す論評)
4、 M井さん:同じ大英博物館に1人で行っても、感じる事が違っていたという個人体験の比較。スピーチの目標に基づいた論評。3分12秒(体験に基ずく論評は、具体的な説得力があった)

ベスト賞:Iさん。

<おわりに>
今日の2次会はジャラナ飯田橋店。
3月18日はarea contest。
                              (作成:K藤S)


投稿者: kagura 投稿日時: 2017-11-24 23:43:00 (262 ヒット)

神楽坂トーストマスターズクラブ294回例会記録
2017年11月24日 東京ボランティアセンター会議室A
例会出席者;メンバー13名 入会予定者2名 ゲスト2名
・今夜のトーストマスター;T橋さん
・今夜の言葉「移ろい」
24節気の立冬を過ぎて、冬本場ということで秋から冬へ季節が変わっていくということで
、T橋さんがこの言葉を選ばれました。
・テーブルトピックス;H川さん
秋という題材を扱って、秋に関連する食べ物や読書などという定番の話題から、思い出の
風景や今はまっているということというH川さん独自の話題もあり、とても楽しいもので
した。
・準備スピーチ
スピーチ1;Y口さん CC4「ある人物のもう一つの側面」
今話題となっている相撲界の暴行問題を題材にして、現在加害者の疑いがかかっている
日馬富士の意外な側面を紹介してくれました。
スピーチ2;H川さん CC3「とうとう来てしまった」
 スピーチの題名がとても興味をひくもので、そこからスピーチに入り込んでしまいまし
た。最後の結びは、人と比べないで生きていくというとても考えさせられるものでした。
スピーチ3;M井さん CC10「もしもボタンを掛け違えてしまったら」
 ガウスクラブというトーストマスターズクラブクラブに様々な事情で入会できない人た
めのクラブの活動を支援することによって、また新たな価値観を手に入れることができた
というスピーチでした。
スピーチ4;Sさん CC1「私が見た日本」
 今回アイスブレイカーとして、初めてスピーチをされたSさんですが、初めてとは思え
ないくらいに堂々とスピーチされていて、今後が楽しみです。
・論評
論評1;Sさん
 いつもSさんらしい相手の気持ちに立った論評されていて、いつも通りほっこりするこ
とができました。
論評2;T橋さん
 T橋さんの論評は客観的な観点から論評をされていたので、スピーチの良かった点と改
善するべき点が、とても分かりやすかったです。
論評3;Hさん
 Hさんらしくスピーチの良かった点をとても多く挙げる論評でしたが、今回は珍しく改
善するべき点を3つも挙げたのは、意外でした。
論評4;S藤さん
 神楽坂が誇る最古参のS藤さんの論評は、いつも通りのアグレッシブな論評で、S藤さ
ん独自の観点からも論評されて熟練の技をみることができました。
・総合論評
初めてということで、他の会員の方から間違いを指摘されながらでしたが、何事もやらな
いことには、始まらないと思うのでとても良い経験でした。

・表彰
ベストテーブルトピックス賞;W辺さん
ベスト論評者賞;T橋さん
ベストスピーカー賞;Sさん
・二次会 
 ボランティアセンターのビルの最上階にある居酒屋で行われ、皆さん思い思いの時間を
過ごされていて、とてもよかったです。


投稿者: kagura 投稿日時: 2017-10-28 0:44:00 (161 ヒット)

神楽坂トーストマスターズクラブ292回例会記録
2017年10月27日 東京ボランティア―センター会議室A
参加者数:15名(会員10名、入会予定者2名、ゲスト3名)
●今夜のトーストマスター:T橋さん
●今夜の言葉:「忖度」
昨今、政治では「忖度」という言葉があまり良くない意味で使われていますが、本来は
「相手の気持ちを推し量る」という日本人の心意気を表している言葉です。これを機会
に正しい使い方を覚えるのが目的です。
●テーブルトピックス:H川さん
H川さんは嗅覚障害を抱えていることを題材に、「匂い」をテーマに4問のテーブルトピ
ックスを行いました。ただし、匂いに直接関係のある質問は1問のみで、匂いという視
点から連想される問題が3つ出題されました。
●準備スピーチ
スピーチ1:O道さん CC#2「森の幼稚園について(パート2)」
 大学院で研究しているドイツの「森の幼稚園」を題材にスピーチを行いました。前回
のスピーチでは伝えきれなかった「森の幼稚園」の具体的な機能について、詳細に語っ
ていました。
スピーチ2:M井さん、CC#9「サラリーマンの心得3か条」。
 先月会社を退職し、転職活動を経験したM井さん。転職活動での体験から社会人とし
て生きていくうえで大事な3つの条件について、1つ1つ分かりやすく語っていました

スピーチ3:K藤さん、CC#9「悪くないよ」
 K藤さんが以前、自殺しようとしている若者を助けた話を題材にスピーチを行いまし
た。Kさんが実際に若者に語り掛ける場面を詳細に描きながら、「人生は捨てたもんじ
ゃない」ということを強く訴えていました。
●論評
論評1:S藤さん
「笑顔」や「スピーチの構成」といったO道さんのスピーチの良い点や今後の課題につ
いて、1つ1つ丁寧に論評していました。
論評2:Mさん
M井さんのスピーチが論理的に展開されていて、とても知的なスピーチであることを指
摘していました。ジェスチャーを交えつつ、聴衆をしっかり見て論評している様子が印
象的でした。
論評3:Hートンさん。
スピーチの際に行う動き、あるいはスピーチの構成という点での日常と非日常とのコン
トラストなど、初心者ではなかなか気づかない視点を評価しており、上級者ならではの
論評でした。
●総合論評:Y口
 役割分担や会場の準備など、短い時間の中で迅速に行っている点を評価し、神楽坂クラ

ブではお互いに協力し合いながら、例会の運営が行われていることを指摘しました。
●表彰:
ベストテーブルトピックス賞:Y口
ベスト論評者賞:Mさん
ベストスピーチ賞:K藤さん
●入会式
例会終了後に入会式を挙行。KさんとM田さんが新メンバーとして、承認されました。
●二次会
二次会はボランティアセンターの上の階にある居酒屋「北海道」で行われました。
7名が参加。高層階からの夜景を楽しみつつ、会話に花を咲かせました。

(作成:Y口)


投稿者: kagura 投稿日時: 2017-10-14 0:42:00 (221 ヒット)

10月13日に第291回例会が開催されました。今回は秋葉原TMC U井さん、目黒TMC I藤さ
んをはじめ7名のゲストと、会員全19名が参加しました。トーストマスターは初チャレン
ジのS田さんでした。準備も万端で安心のトーストマスターでした。例会はスピーチ3本
とテーブルトピックという標準的な例会でした。今夜の言葉はS川さん渾身の「騙されな
い」でした。
テーブルトピックの司会はK藤Jさん。お題は季節にちなんで「秋」。スポーツや本に関
するスピーチがある中、ベストテーブルトピックはK藤Sさんの「人生最大の選択」という
お題に対する結婚のエピソードでした。相手を選ぶ時はベストの相手を探すことより、こ
の人と思った人に飛び込むことが大切という内容で、「飛び込む」をキーワードに構成さ
れた示唆に富むスピーチでした。
スピーチの部、最初はY口さんによる#CC3「あの人の名前って…?」でした。人の名前
が覚えられないという誰にでもある悩みについて自身の経験を元に語り、例会でできる具
体的な解決策を提案されました。続いてはH谷川さんによる#CC2「YESと言ってもらえ
るお願いの方法」でした。街で見かけるお願いの掲示物などを挙げ、YESと言ってもらえ
る5点のポイントを、聴衆を巻き込んで説明しました。3人目はH井さんによる#CC10「
ひさいまさたかと志布志お釈迦祭」でした。この日がCCマニュアル最後と自身例会最後の
参加となる記念のスピーチ。子供のころの思い出を楽しくスピーチしながらお釈迦祭りに
ついて皆さんの興味を引くエピソードをたくさん話してくれました。ベストスピーカーは
、CC2とは思えない落ち着いたスピーチされたH谷川さんでした。
論評1人目はベテランのK藤Sさんが良い点としてY口さんの誠実さを挙げ、自身の思い
を込めてエールを送りました。2人目H谷川さんに対するM井さんの論評では、プロジェ
クトに挙げられている構成を評価し、的確な改善点を提案しました。3人目H井さんに対
するT橋さんの論評は、本日がラストで記念のスピーチということもあり良い点だけを5
点あげるという暖かい論評でした。ベスト論評者はH谷川さんのスピーチに対してまとま
りの良い論評をされたM井さんでした。今夜の言葉「騙されない」は3回使われました。
例会後には新入会員としてSさんの入会式が行われ、ますます盛り上がる例会となりま
した。


投稿者: kagura 投稿日時: 2017-8-28 22:29:50 (424 ヒット)

第288回例会 2017年8月25日(通常例会) 参加会員13名
 
今回は288回目の通常例会。今回も多くのゲストの方に参加頂き大盛況の例会でした!
開始10分前には9割の方が揃い、例会前のウォーミングアップ、「早口言葉」を順番に読み上げ
る発声練習から始まり、T会長より定例会の開会が宣言されました。
今夜のトーストマスターは、M田さん。非常に安定感のある進行です。今夜の言葉は、M井さん
より提示された「前向き」。M井さんらしい言葉を、多くの方が使いこなしていました
その後、各役割の紹介が行われたのち、スピーチの部が開始されました。
F木さんのテーブルトピックスでは、お盆の休み明けにふさわしく、テーマは「休暇」。「
休暇」を軸に、皆さんの経験や願望(?)に関するお題が与えられていきます。
「もし休みが一年あったら、何をしますか?」という題では、K藤さんから、ユーラシア大
陸横断というスケールの大きい夢が語られ、見事にテーブルトピックス賞を獲得していました

そして、スピーチの部です。
トップバッターはアイスブレーカーのH田さん。英語講師としての自身のお話です。アイスブ
レーカーとは思えない落ち着いた語り口で、時系列に沿って分かり易く説明してくれました。
授業中に生徒が机に突っ伏してねることを業界用語で『討ち死に』というそうです(笑)
続いて、S藤さんの「見方を変えれば」と題したスピーチ。
心配性で、会社でも新しいプロジェクト等でも、つい否定的な意見を伝えてしまい雰囲気を悪
くしてしまうことがありました。しかし、職場の上司から、「見方を変えれば、それは会社の
リスクマネジメントにつながっている」というアドバイスをもらい、心が晴れる思いだったそ
うです。
『心配⇒心配り』といった、視点のずらし方も披露してくれたときは、聴衆一同、思わず感心
(?)してしまいました。
3番手はK西さん。孫正義のスピーチを軸に、「人に好かれるプレゼンテーション」のポイン
トを説明してくれました。それは、『共感と意外性』。多くの気づきをもらえたのと、思わず
、なるほどな〜となる納得感のあるスピーチでした。
最後は、K藤さんのスピーチです。課題はビジュアルエイドで、写真やご自身で描かれた絵をスライド
に投影し、小笠原諸島の魅力を生き生きと語ってくれました。今すぐにでも、小笠原諸島に行きたくなる
素晴らしいスピーチでした!東京都内にあるにも関わらず、往復48時間かかるそうですが。。
ベストスピーカーは、S藤さん。おめでとうございます!
 
 続いて個人論評の部では、H田さんに対するS井さんの論評。S藤さんに対してはH川さん
。K西さんにはY口さん。K藤さんの論評は、Hトンさん。
皆さん、上手に論評をこなすなか、いつもながら的確な論評をされたY口さんがベスト論評賞
に輝きました。おめでとうございます!
次回、9/8(金)の289回例会は、ほら話スピーチのインハウスコンテストです。


投稿者: kagura 投稿日時: 2017-8-11 22:50:00 (433 ヒット)

神楽坂トーストマスターズクラブ287回例会記録

2017年8月11日 若松地域センター
●今夜のトーストマスター:Y口。
●今夜の言葉:「旅路」
●テーブルトピックスス:M井さん
日々の生活は選択の連続ということから、「選択」というテーマで、4つのお題が提示
されました。
●準備スピーチ
スピーチ1:H谷川さん CC#1「YOUは何しに北海道へ?」
 H谷川さんは社会人になってから、北海道旅行に夢中になり、26回も北海道に旅行し
ているそうで、北海道旅行の楽しみ方を熱く語っていました。
スピーチ2:H川さん、CC#2「死んだらどうなるのか」。
 子供時代に感じた死に対する恐怖心をきっかけにして、死に対してどう向き合うかと
いうことを、有名な言葉を引用しつつ丁寧に話していました。
スピーチ3:H井さん。CC#9「ほくほくの思い出を永遠に」
 人口減少によって思い出の場所が失われていくことへの危機感をを、母校の中学校が
の閉鎖という身近な事例に引き合いに出しながら、熱っぽく語っていました。そして、
日本の少子化を解決するためにも、政治参加の重要性を強く訴えていました。
スピーチ4:H−トンさん。AC「物語の話術」#1:「アイバン物語」。
 アイバンという少年がケーキを持って町に出かけていき、いろんな事件に遭遇してい
く様子を、表現やジェスチャーを交えて、臨場感あふれるスピーチしました。
●論評
論評1:Iさん
H谷川さんが1か月前からスピーチの作成に取り組み、推敲を重ねて最終的には原稿を
見ずにスピーチを終えたことが素晴らしいと評価しました。
論評2:Mさん
お盆の季節にふさわしいテーマであり、普段はなかなか考えない「死」に対して考える
機会ができたことを評価しました。
論評3:T橋さん。
少子化や人口減少といった大きなテーマに対して、中学校の閉鎖という分かりやすい事
例を出すことでスピーチが身近に感じられるようになったことを評価しました。
論評4:S井さん
情景描写をするためにジェスチャーや小道具を利用していたことが、スピーチ全体に臨
場感を与えていたと評価しました。
●総合論評:U井さん
 今日の例会の良かった点や改善点だけでなく、他のクラブのメンバーという視点から
、神楽坂クラブの特長について、論評していただきました。
●表彰:
ベストテーブルトピックス賞:U井さん
ベスト論評賞:Mさん

ベストスピーチ賞:H井さん
●フィードバックタイム
今回から初めて導入。スピーチを行った人は、論評者やメンターと意見交換を行いまし
た。また、ゲストは他のメンバーからトーストマスターズの教育システムについて、レ
クチャーを受けていました。
●入会式
例会終了後に入会式を挙行。Y田さんが新メンバーとして、承認されました。
●二次会
今回は若松地域センターが会場だったので、二次会は恒例の梅香苑で行われました。
14名が参加。会話も弾み賑やかな会でした。

(作成:Y口)


投稿者: kagura 投稿日時: 2017-8-6 23:44:16 (323 ヒット)

第286回例会 7月28日(金)
今回の例会は机の配置がいつものコの字型ではなく(人数が多かったから?)、
新鮮な気分でスタートしました(^^)
ゲストさんは6名お越しいただきました〜ありがとうございますm(. .)m

●今夜のトーストマスター:Hさん
お仕事の都合で、始めは会長TさんがHさんの代役をしてくださいました。
間もなく到着され、その後はコメント記入タイムも沈黙を作らないHさんの怒涛の司会ぶりに圧倒されました!

●テーブルトピックス:Sさん(初)
暦に関連したお題で、ゲストさんお二人にもお話していただきました。ありがとうございます。

●スピーチ
○スピーチ1:Tさん CC#4「複業について真剣に考えてみた」
“副”業ではなく“複”業。ご自身の経験を元に、仕事と人生の幸せについてお話いただきました。選択の自由を得ることは、人生の幸せを得ること!
○スピーチ2:Yさん CC#2「今日は○○記念日」
なんと例会当日は“地名の日”だったそうです。例会を開催している神楽河岸という地名から、土地の歴史を紐解いてくださいました。
○スピーチ3:Kさん CC#4「使ってみてみてスプレッドシート」
今期教育担当副会長のKさん、スピーチや役割の進捗確認にスプレッドシートを活用しよう!という提案でした。クラブメンバーのことをすごく考えてくださっています!
○スピーチ4:Lさん CC#3「ココが魅力!中国の世界遺産めぐり〜」
“50”の数字から始まるスピーチ、中国出身のLさんが素敵な世界遺産を紹介してくださいました。7分ではとても時間が足りませんね!

●論評
○論評1:Kさん
複業をひらめくまでのTさん自身の苦悩をもっと表現してほしい!という表現力あふれる論評でした。
○論評2:Iさん
Yさんのマーカーがたくさん引かれたマニュアルをみなさんに見せていただいたのが印象的でした!
○論評3:Mさん
“使ってみてみて”に対する“使います使います”がすごく好きでした(笑)
○論評4:Hさん
辛口?な論評に何度も爆笑がわきおこりました!

●表彰
テーブルトピックス:S
スピーチ:Kさん
論評:KSさん

●2次会@ランタナ食堂(イタリアン)
ゲストさんもご参加いただき、わいわい楽しかったです(^^)

(作成:S)


« 1 (2) 3 4 5 ... 12 »
Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.