▼ログイン
投稿者: kagura 投稿日時: 2012-9-23 21:30:41 (469 ヒット)

8月24日2次会で新歓カラオケ例会が開催されました。

なつかしの曲から最新の曲、バラードからアップテンポの曲まで
各自の十八番を熱唱されました。

カラオケのいいところは、歌の選曲や歌う姿によって、その人意外な一面を知ることができます。なにより、お互いに思いっきりはじけ、自分をさらけだすことで、さらに親密になれるところが何よりの効果ではないでしょうか。








輝くあなたのベストマッチソングの発表です。
O原さん
新造人間キャシャーン 〜たたかえ! キャシャーン〜
知られざるアニソンマスターの一面を披露いただきました。
ぜひスピーチ開始のテーマソングに!

K籐さん
琵琶湖周航のうた
今も京大ボート部で歌い継がれている日本の名曲を熱唱

M浦さん
バンザイ〜好きでよかった〜
伸びのある地声を活かしたAメロ部分は原曲とそっくり

N田さん
仮面舞踏会
本当は違う歌を歌いたかったのかもしれないが、そこは場を読んだN田さん。腰フリの踊りつきで盛り上げてくれました。

N山さん

嵐大好きの初参加のN山さん。ノリノリの踊りで盛り上げてくれました。

A岡さん
オリビアを聴きながら
尾崎亜美が杏里に贈ったスタンダードナンバーを浴衣姿でしっとりと歌い上げてくれました。

Uさん
異邦人
久保田早紀の70年代のミリオンセラーを披露。キーもばっちりあっていました。

H松さん
銀河鉄道999
カラオケ大好きマスターのHさんの十八番。かなり歌いこんでます。

Oビさん
勝手にしやがれ
Oビさんのお気に入りの一曲。会長として先陣をきって盛り上げてくれました。




投稿者: kagura 投稿日時: 2012-9-22 17:54:53 (419 ヒット)

第157回例会印象記
 「朋有り、遠方より来る」
                     TMOE 加藤茂孝

第157回例会は東京ボランティアーセンターで開かれた。台湾在住の会員Kさんの久しぶり
の出席とあって、台湾のクラブ例会に参加したことのある他のクラブメンバーが大勢ゲス
ト参加して、新鮮でかつ華やかに盛り上がった例会になった。神楽坂クラブ会員10名、他
クラブ会員7名、見学者3名の計20名。


発声練習は、新しくHolstee manifestを用いた。中でも、「時間が足りないのならTVを
見るのをやめなさい。人生をかけて愛する人を探しているのなら、それもやめなさい。そ
の人はあなたが自分の好きなことを始めたときにあらわれるのです」が心に響いた。

今夜のことばはOSさんから「しほらしい」

テーブルトピックスは初挑戦のMさん。「○○の秋」の質問。  始まりから本人が長々と
話しすぎて、「スピーチではなく質問をするのが役割だよ」と言われてしまった。今後次
第になれてもっと巧みに質問出来る様になるでしょう。誰もが通る道。

準備スピーチは、仕事の関係で2名が欠席で急遽とりやめ。しかし、ホットシートのOHさんが、加わり3スピーチに。

Kさんのスピーチ:「ようこそスターホテルへ」。プロジェクター使用。ホテルの質を
上るためにやってきた取り組みの体験的スピーチ。

YAさん(ゲスト)のスピーチ:「敬老の日のプレゼント」。プレゼントは何かな?と
いう期待を意外なもので裏切って見せました。交通安全グッズでした。皆さんも交通安全
にご注意を

OHさんのスピーチ:「ご先祖が静かに眠る鷺ノ宮」。戒名料はなぜ高いか?  都内地
名シリーズの7番目でした。


総合論評はAさん。
  各スピーチへの個別論評は、論評者に熱が入って皆制限時間ぎりぎり(Nさん、OSさ
ん)。最後のOMさんに至っては、「気になる表現があります」を追加していってついに
時間オーバー。論評の名人でも盛り上がった今日の例会の雰囲気に、珍しく興奮してしま
ったのかな?











ベストテーブルトピックスピーカー Sさん
ベスト論評 Oさん
ベストスピーカー Kさん

今夜の印象は、Kさん歓迎例会的な側面があり、孔子のことばを借りれば「学而時習之不
亦説乎、有朋自遠方来不亦楽乎」(学びて、時にこれを習うまた喜ばしからずや。朋有
り、遠方より来る、また楽しからずや)であった。

2次会@わたみ もほとんどの方が参加して、大いに盛り上がった。

Kさん、また来て下さい。

今回お越しいただいたゲストの皆さんです。

響TMC Wさん

赤羽TMC Sさん

初参加Yさん

浦和TMC Mさん 

飯田橋TMC Hさん

桜坂TMC Yさん

千代田TMC Sさん

みなとみらいTMC Yさん

飯田橋TMC Sさん

皆様お越しいただきありがとうございました。

また是非お気軽にお越しください。

お待ちしております!


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-8-29 23:38:09 (522 ヒット)

8月24日(金)、残暑真っ只中、神楽坂の第157回例会が開催されました。
いつもとは異なるスタイルでの納涼食事例会となりました。
ブリッジという飯田橋駅近くのカフェレストラン。個室を借り切って食事をしながらの例会です。
TMOEは私A、この日は初の企画例会それも納涼ということで、張り切って浴衣で臨みました〜(*^^*)
だからかどうかわかりませんが、参加メンバーがいつもより多く、しかも5名のゲストにもご参加いただき、いつもより賑やかな例会となりました。
例会はエリアガバナーSさんの乾杯のスピーチから始まり、その後和やかに歓談がスタート。
食事とドリンクをいただきながらの進行となりました。


テーブルトピックスはO会長。タイムリーなトピックスでまずは雰囲気づくり。

サービス精神にあふれたゲストのOさん


スピーチの順番を待つMさん。余裕〜。

そして例会のメインともいえる準備スピーチは3本。
1本目は入会したばかりのMさん。自転車通勤で10キロやせたという体験をユーモアも交えてスピーチしてくださいました。

2本目はMさん。タイトルは「チャーチルのメッセージ」。久しぶりのスピーチでしたが、落ち着かれた語り口で素敵な、心に響くスピーチでした

3本目はOさん。急遽のピンチヒッターでしたが、さすがは大ベテラン。しかもなんとシリーズもの(!?)のスピーチ。東京の情緒を大いに語っていただきました。


スピーチ論評もさすがの高レベル!やっぱり神楽坂だな〜。甲乙つけがたい素晴らしい論評でした!
食事や歓談を交えながらということもあり、あっという間の2時間。
ベストテーブルトピックススピーカーはWさん、ベスト論評者は張り切ってアロハシャツで来ていただいたNさん、ベストスピーカーはMさん、とこれまたなんと、表彰者は全員久しぶりに例会参加という面々。
実力は本物!すばらしい!!!


そして例会が終わる頃には皆すっかり酔っ払い(?)、そのまま2次会のカラオケへと突入して歌いまくり、はじけまくりました!
楽しい会、いや一夜となり、たまにはこういう例会もいいなあ、とつくづく思いました。
またやります!


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-8-13 21:03:09 (573 ヒット)

8月10(金)19:00より東京ボランティアセンターにて第155回例会が行われました。
今、ロンドンオリンピックの真っ最中です。日本と時間が逆のため、深夜にTV放映が行われています。メダルを手に手繰り寄せようと懸命に闘う選手たちを見るたびに、気持ちが奮いおこされるおもいです。
そのことを反映したように、今日の言葉は「つかむ」です。

通常通り発声練習を終え、テーブルトピックへ。
今回はメンバーの参加人数が少なくほとんど役を重複していたため、
事前にゲストの方に了解をとり、簡単な質問によるゲストの方も交えての
テーブルトピックとなりました。
質問は以下のとおりです。
1「あなたにとっての最高の夏の思い出を教えてください」
2「今回例会を見学してみようと考えた動機は?」
3「例会に参加するに当たって重要視されたことは?」
4「参加するに当たって不安だったことは?」
5「神楽坂TMCのサイトをどうやって探しましたか?」
6「トーストマスターズの良いところは?」
はじめての方でも、ご自身の考えを堂々と話されていました。

今夜のセミナーはベテランのK藤さんによる講義
「一目惚れの分子生物学」でした。
人が一目ぼれをするのは、匂いという要因が深くかかわっているということを、
遺伝子構造から紐解かれた興味深い内容で、全員が食い入るように聞き入っていました。


スピーチの部は以下3本でした。
1「限られた物の見方」CC#2スピーチの構成がプロジェクトの目的です。
ゲストのMさん。
群馬県の人々の間で長年継承されてきた上毛カルタは群馬の土地、人、出来事を読んだ郷土かるたです。
郷土の人には常識になっているこのカルタが、実は県外の人には知られていないことを知った本人が改めてものの見方について考えさせられたという内容を、とてもシンプルにかつ笑いも交え紹介いただきました。


2「良いなのか、悪いなのか、あなた次第です」CC#3ポイントを押さえるがプロジェクトの目的です。
ベテランメンバーのOビさん。
おそらくいい原稿を用意されたのだと思いますが、スピーチ中に原稿を忘れてしまった
Oビさん。
ここまでは良くあることなのですが、ここからがOビさんの真骨頂。スピーチ中に原稿を忘れる、そんな状況に
陥っても経験として、成長の糧としてそれをどうとらえるかはあなた次第です!と締めくくり、
それが用意されたシナリオのようにスピーチを完成させる名人芸を見せてくれました。


3「もうひとつのオリンピック」
ベテランメンバーのA岡さん。
上級#2「情報を伝えるための手がかり」がプロジェクトの目的です
ロンドンオリンピックになぞらえて、トーストマスターズのコンテストも同じように
勝ち抜いて栄光を掴み取っていくものだということをビジュアルツールを絡めながら、紹介されました。
今日はゲストの方が多数いらっしゃっていて、そういったターゲットに向けて考えられた
すばらしいスピーチでした。




ベストテーブルトピック賞はゲストのYさん、ベスト論評賞はOさん、ベストスピーチ賞はゲストのMさんが受賞されました。


8月17日ご参加いただいたゲストの皆さんです。


秋葉原TMCからご来訪いただいたMさん。今回スピーチをしていただきました。他クラブ訪問は初めてだそうですが堂々とスピーチいただきベストスピーチ賞Getいただきました!


桜坂TMCからご来訪いただいたYさん。当日6:45に思い切って参加を決められたそうです。テーブルトピック賞をGetいただきました!


はじめてご参加のSさん。急な無茶ぶりでもしっかりとスピーチができるようになりたいとおっしゃっていました。


はじめてご参加のTさん。人前で話すと声が小さくなってしまうとのこと。誰だってはじめはそうですよね。みーんな悩んで少しずつ話せるようになります。


Tさんのご友人のMさん。できれば自信を持って人前で話せるようになりたいとおっしゃっていました。


はじめてご参加のYさん。内勤のYさんですが、キャリアを重ねるごとに人前で話す機会が増え、プレゼンなど上達したいということでした。


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-8-2 22:27:35 (511 ヒット)

7月27日(金)19時10分より、アトラス江戸川アパート社交室で
で第154回例会が行われました。今回は会場係の方がお住いの都内の
瀟洒なアパートの一室での例会となりました。会場がいつもと異なるため
開始時刻を10分遅らせました。

最初の発声練習は音が反響する会場のためか、声がとてもよく響きました。
開会後、今夜のトーストマスターが上級マニュアル特別なスピーチの課題、
「話し手を紹介する」に絡ませて司会進行しました。今夜の言葉は「秘かな、
秘かに」。隠れ家的な雰囲気に合わせた言葉の選択でした。

テーブルトピックスは時事問題。最近の世間の話題にどれくらい精通されて
いるかが試されました。出題は下記の通りです。

1.「12年後の五輪開催地を決めるとしたらどこの国にしますか」
2.「新型輸送機オスプレイの機体についてどう思いますか」
3.「韓国企業への日本人技術者の流出についてどう思いますか」

今夜のセミナーは、外部のエリアガバナーをお迎えし、サクセスフルクラブ
シリーズの課題「公約を守る」を使って、日頃の活動を振り返るセミナーと
なりました。

スピーチは下記3本です。。

1.「香りは恋の始まり」(CC#7トピックのリサーチ、より)

数々の資料を調査した上で発表する課題です。人は香りによって恋を始める、
ということで、平安時代の和泉式部の恋模様をひも解き、脳科学の仮設とも
絡めて恋の始まりを解き明かしました。

2.「神楽坂TMC再生会議」(AC楽しく話すスピーカー#1楽しませるスピーカー、より)

自分の経験に基づいて人を楽しませる話をする課題です。会員数が激減した
当クラブを再生するための会議として、参加者から自分のスマホへ意見を
転送してもらい、それを読み上げるという手法を提示されました。もちろん
架空の方法ですが、楽しめる内容でした。

3.「人生に役立つカフェの選び方」(AC情報を伝えるスピーチ#1情報を伝えるためのスピーチ、より)

容易に理解できる情報の伝え方を学ぶ課題です。カフェは時間を有効に使う
場所ということで、有名なカフェチェーン店を3つ選び、それぞれの違いを
浮き彫りにして、自分に合ったカフェの選び方を提示されました。

休憩後、論評の部に移りました。スピーチへの論評では、

トピックのリサーチ:トピックとリサーチ内容の違和感
楽しませるスピーチ:本題へ入るまでが長い
情報を伝えるスピーチ:詳細なデータがスピーチのテーマに合っていない

といった提言を頂きました。例会全体への総合論評としては、紹介の仕方の
工夫、テーブルトピックスでの時間の使い方、各論評の質の高さ等について
の言及がありました。

受賞者は最優秀テーブルトピックス及び論評賞がゲストのTさん、スピーチ賞
がKさんでした。


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-7-15 0:28:17 (495 ヒット)

今日の神楽坂TMCの例会はためになるコンテンツが満載でした。

まず例会の始まりにKさんが「クラブの使命」を読み上げ、その中で互いに助け合う雰囲気を作ることの大事さを伝えられました。

今夜の言葉は「全う」。その言葉に触発されるようにメンバー一人ひとりが役割を果たし、時間通り進行し例会を作り上げました。

即興スピーチの部の担当はHさん。テーマーは主にイライラすることに纏わりました。最後は夫婦円満の秘訣という奥深いテーマが出題されました。こうしたテーマやスピーチのおかげで、日常のイラっとする出来事を客観的に見ることができ、蓄積されたストレスから開放してくれて、とても癒されました。

その後、準備スピーチの部へ移りました。最初はみるみる元気がわいてくるTさんです。神楽坂トーストマスターズクラブの味わい方についてのスピーチで、会員の皆さんはクラブの楽しみ方を深く理解されていたようです。
Tさんのスピーカーの表現の仕方もうまかったです。

次は日本のバンザイマスターMさんです。スピーチの中で内容は少し暗さがあっても全体的にはかなり明るいトーンで、バンザイのパワーをうまく伝えました。

三番目は神楽坂のスポンサークラブの江戸トーストマスターズクラブからいらっしゃったSさんです。かれは職人のように、それぞれの小道具を非常に上手に使い、特にOHPと色付けのシートが絶妙で、月、城、など面白い形を表現しました。

論評の部ではそれぞれの論評者が的確、なおかつ建設的な論評をされました。

本当にありがとうございました。

セミナーの部ではAさんがトーストマスタークラブの教育プログラムのおさらいを話されました。
皆さんが基礎を今より理解し、DTMをとろうという気持ちになったようです。

今回も、即興スピーチ、準備スピーチがそれぞれが、デザートのように美味で、満腹になれた例会でした。

とても勉強になりました。

ゲストの皆さんまた会いましょうね。

M.O


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-6-25 23:03:05 (516 ヒット)

第152回例会は、K藤さんの「夏至」という今夜の言葉通り、
夏至の次の日におこなわれました。



初めての見学者が2名参加し、例会スタートです。

いつも通り「発声練習」(神楽坂TMC独自のプログラム)を10分行います。
発声練習を行うと、スピーチでの発語もスムーズです!

トーストマスターは私、T中です。
本日の例会は、アイスブレーカー2名・神楽坂TMCを考えるワークショップです。

アイスブレーカー1人目は、
前回入会したM浦さんです。
タイトルは「人生バンザ〜イ」

M浦さんの可能性を感じるスピーチでした。
味のあるスピーチ・・・というより、
味のある人間性を感じました。
スピーチの内容だけではなく、M浦さん自信から、
「何事もチャレンジすることが一番の近道」ということを学んだスピーチです。

ありがとうございます!

アイスブレーカー2人目は、
前回入会したH原さんです。
タイトルは「バトンタッチ」

ポテンシャルの高さを感じるスピーチでした。
アイスブレーカーでも、ここまで出来るのでは、
次回のコンテストでは、有力なコンテスタント候補であることは
間違いありません。

ボディランゲージ・アイコンタクト・ユーモア・ビジュアルエイドと
数々の手法を用いていました。
過去・現在・未来という時間経過を
感じることが出来るスピーチでした。

何より、スピーチに「魅力」を感じました。

ありがとうございます!


論評の部は、総合論評をO原さんです。
いつも適切な総合論評で勉強になります。
やはり、言うべきことを言うことにより、例会の質は
向上していくことと感じます。



M浦さんのスピーチをO久保さん(メンター)が論評
H原さんのスピーチをK藤さん(メンター)が論評

メンター制度が充実しています。
お二人とも時間がなくても、適切な論評が行えるのは、
素晴らしいことですね。


神楽坂TMCを考えるワークショップは、
Oさんがファシリテーターです。



必要なものは、ペンと紙・・・そして、熱い気持ちと優秀なファシリテーター

自分で考えたこと、3人のチームで話し合ったことを共有する
有意義な時間でした。



●「神楽坂TMCの良さは?」(各自文字で書いて、3人のチームで話し合い、発表)
→・三丁目の夕日クラブ・アットホーム・人が好き・レベルが高い・楽しい・ベテランが多い
など、様々な意見がありました。
私も、「神楽坂ラブ」です。

●「神楽坂TMCの改善点は?」(各自、絵で書いて、各自、発表)
→・カレンダー・・・期限を守ること。約束を守ること。
 ・小さい家と大きなビル・・・神楽坂TMCは、小さい家の中で、同じ音が鳴っている。
              他のクラブは、大きなビルで外に向けて、色々な音が鳴っている。
 ・大きな木の周りに、たくさんの人・・・土台を固めることが必要
など、たくさんの意見がありました。
絵で表すことは難しいことのように思いましたが、
「見える化」をしたことにより、私は皆さんの気持ちがよくわかりました。

●「神楽坂TMC会員を増やすためには?」(3人のチームで話し合い、発表)
→・HPの充実・例会参加者を増やし、例会を充実させる
など、皆さん今すぐにでも実現可能な案がたくさんありました。

今回、ファシリテーターを行ったOさんには、
大変感謝しています。

このワークショップを成功に導いたのは、ファシリテーターのOさんの手法と、
会員の熱い気持ちがあってこそと思います。

本当にありがとうございます!!

論評は、O久保さん

ベストスピーカーは、H原さんが受賞されました。



役員就任式は、エリアガバナーのH松さんが執り行いました。
小槌を手に、新たな役員が誕生です。

光り輝く次期役員の皆さん

会長:Oさん
教育担当副会長:A岡さん
会員担当副会長:T中
広報担当副会長:O久保さん
書記:O原さん
会計:Mさん
会場:K藤さん



会長の所信表明では、胸が熱くなりました。
まさに「パッション!!」

第153回例会が楽しみで仕方ありません。

そして、初めての見学者であるH田さんが入会表明されました。
嬉しいです。


みなさんありがとうございます!

T中


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-6-19 22:26:12 (468 ヒット)

第151回例会報告


ゲスト3名をお迎えして、活気のある例会がスタートしました。

いつもどおり、開会前に10分間の「発声練習」です。

今日は、O保さんが、進行役です。強弱や抑揚をつけて発声することにより、朗読する詩が生き生きとしてきましたね。

今夜の言葉はT中さん。「遮二無二」です。

テーブルトピックスマスターはO原さん。本日は6題出題されました。

準備スピーチは4本です。

W辺さんが、「あんな我慢。こんなガマン」
K藤さんが、「史上最古・最難題のテーブル・トピックス」
S本さんが、「TPPについて考える」
I奈さんが、「住みにくい日本」

それぞれ、趣向をこらした素晴らしいスピーチでした。

今回の例会の受賞者は
テ−ブルトピックスはT中さん、
論評はA岡さん、
スピーチはK藤さん

でした。

その後、M浦さんの入会式を行いました。
今後の活躍を期待しています。

K記


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-5-29 20:34:27 (421 ヒット)

神楽坂第150回例会

今夜のトーストマスターは、会員役員のMでした。

今夜のセミナーは、TMCで知らない人はいない大ベテランのOさんによる「スピーチクラフト」でした。

セミナーの中では、ペアインタビューと他己紹介(ペア相手を紹介する)や、リレー形式でテーブルトピックを行いました。

今夜は食事がらみのトピックが多かったですね。

中でもゲストのKMさんが毎朝カレーを食べていて、お弁当でも持って行っているいう話にびっくりしました。

例会のメインディッシュ、スピーチ1本目は、川崎TMCからお越しいただいたKさんの「ハチミツとクローバー」。エンジニアで男らしいKさんが、桜井翔が主演映画となった恋愛作品について、興味深いオリジナリティ溢れた考察をされました。

2本めのスピーチは、響TMCのSさんによる「夢想列車」現実と夢想が交錯するストーリーは、「我々は時代という列車の同乗者である」という大きなメッセージが終着駅となりました。

3本めのスピーチは、翌日の全国大会に出場される江戸TMCのSさんによる「空手に先手なし」。
長年疑問に思っていた空手の教え、「空手に先手なし」の意味を会得するまでを、豪快なアクションとユーモアで語ってくれました。

論評は、YMさん、私M、ベテランのOさんが担当しました。特にOさんは、明日のコンテストを控えた江戸のSさんに対して、審査員シートを用いた論評を行ってくれました。

今夜のベスト賞は、テーブルトピックが響のSさん、論評が私M、そしてスピーチは、明日のコンテスタントのSさんが受賞されました。

また、今夜の言葉は、江戸TMCからのゲストのSさん「感謝の気持ち」が掲げられましたが、使いやすい言葉だったこともあり、いつもよりも多くの使われていました。

今夜は、神楽坂メンバーの欠席が多く、人数が少なめでしたが、多くのゲストに支えられて、内容の濃い2時間になりました。

ご参加いただいた皆さんに「感謝の気持ち」でいっぱいです!


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-5-14 21:05:52 (458 ヒット)

 第149回例会 印象記  (5月11日、ボランティアセンタ)


S.K. 



活性化のはじまり



 11人というささやかな会合であったが、和やかに、また、上昇機運に充ち、未来に明るさを感じさせる会であった。

 プログラム最初に置かれた若い意欲的な新会員Hさんの入会式がそれを象徴していた。

そして、プログラム最後の今年7月からの新年度の役員選挙。神楽坂クラブのべテランを総結集したような役員が選ばれ、活性化に向けての強力な布陣を感じさせた。

 見学者も1人。人前で話が出来ないからそれを変えたいという希望だという。再びの見学にこられることを期待している。 

 会長代理のMさんの提案による『自分が行きたい海外の国』を自己紹介に付け加えるのが、なごやかさと世界への広がりと会員の個性の多様性を実感させてくれた。

 得意技をメインテーマとしたOさんのテーブルトピックス。

スピーチは4年振りのMさん「人の中の菩薩」、1年ぶりのNさん「結婚−最終章」、そして、9回目の基本マニュアル(はまりすぎ?)という大ベテランのOさん『名曲の流れに憩うお茶の水』の3つであった。

 次回は、150回。そして今年はチャーター5年。これを機に、活性化と第2の黄金時代への進展を期待してやまない。


« 1 ... 6 7 8 (9) 10 11 12 »
Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.