▼ログイン
投稿者: kagura 投稿日時: 2012-3-26 22:42:41 (360 ヒット)

神楽坂トーストマスターズクラブ第145回例会
日時:3月9日(金) 19:00〜21:00 
場所:新宿区 飯田橋ボランティアセンター

ちょうど1年前の例会は3・11、まさにその当日した。

電話やメールでの連絡がなかなかとれないなか、前会長のDさんが、皆さんからの状況を把握しながら、4時に例会中止を判断されました。
みんなで協力し合いながら、なんとか参加者に連絡をとることができたのです。
私は、その時、リーダーシップの大切さと、皆さんの懸命な努力を、身をもって体験することができました。

テーブルトピックも、震災や1年にちなんだトピックスで、

 ・3・11はとても大変だったけれど、初めて、ほっとした時は?
 ・震災前と後で、考え方が変わったことはありますか?
 ・この1年で、自分を誉めたい出来事は?

私は、震災直後の4月1日に転職をするなど、自分の人生のなかでは、激動の1年ともいえる一年で、忘れることはできません。

そのなかで、トーストで出会った仲間と、時間を共有しながらスピーチをする経験は、会社生活では決して得ることができない貴重なものだと思っています。


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-2-20 21:04:23 (476 ヒット)

2月10日(金)19時30分より、牛込地域箪笥センターで第143回例会が行われました。
今回はクラブスピーチコンテストです。5月に行われる全国大会へ向けての最初の関門でしたが、緊張感はなく、終始リラックスムードでした。開始時刻はいつもより30分遅らせました。

今夜のトーストマスター、コンテスト委員長はO原が務めました。出場者は4名でした。4名のスピーチは下記の通りです。

1.「アイ・ラブ・グリーン」 K地さん
2.「できるニッポン!」 Oビさん
3.「正しいより心地いい」 D居さん
4.「人生に迷った時は・・・」 A岡さん

コンテスト後のインタビュアはW辺さんが担当しました。各スピーチの核心に迫るインタビューでした。

4名の出場者ということで入賞者は1位と2位のみになります。
審査の結果、1位はA岡さん、2位はD居さんになりました。
1位のA岡さんが次の関門であるエリア24スピーチコンテストに進みます。
引き続き応援しましょう。


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-1-30 21:39:50 (467 ヒット)

初めてのTMOEを務め、非常に光栄でした。例会のプログラムを準備しながら、どのような司会者を演じたらよいかを想像しました。

今回の例会は4人のゲストが参加され、皆さん積極的にスピーチに参加してくれました。久々のメンバーも出席して、非常に盛り上がりました。

テーブルトピックスのセクションでは、私たちはMさんの素晴らしい演技に引き込まれ、まるで自分がそこに立っているかのような感じがしました。

今夜のセミナーは「介護保険」。一見、難しいテーマと思われますが、Nさんは丁寧に説明し、重要なポイント −40才以上の方が加入できること− を何回も繰り返してくれて、とても分かり易かったです。

準備スピーチで、Mさんが自分の悔しさを話した時、まるで俳優のように細部まで忠実に表現されていたので、涙が出るくらい感動しました。
人間はそれぞれ弱い時があり、自分だったら困った時誰かが助けてくれたら、嬉しいですよね。ほかの人を助けると思って人の悩みを聞いていた人は「自分も同じようなことになるかもしれない」と反省し、失敗を未然に防ぐことができると思います。助ける人が、結局助けられるのではないでしょうか?
Kさんのスピーチは、春の節句の話でした。美しい言葉を用いて、日本特有の風情ややさしさが感じられ、会場に気品が漂いました。

3本目のスピーチは司会の私がやりました。TPPの参加によるメリットとデメリットを皆さんに説明しました。旬の話題を使ったので、皆さんに関心をもってもらえたと思います。

一日中に緊張しましたけど、無事に皆さんと一緒に楽しい時間を過ごしました。今度もっといい司会者になれるように頑張ります。


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-1-23 20:51:19 (410 ヒット)

神楽坂トーストマスターズクラブ第141回例会報告

1月13日(金) 19:00〜21:00まで新宿区 飯田橋ボランティアセンターにて開催しました。今夜のトーストマスター」はAさんです。今日はゲストで4名の方が参加されました。
恒例の早口言葉を使った「発声練習」のあと、開会です。「今夜の言葉」はKさんが「根底」を選びました。
「テーブルトピックマスター」はNさん。新春1回目の例会ということもあり、お正月にちなんだ出題でした。1問目は「思い出に残ったお正月」、2問目は「関東以外のおせち」、3問目は「今年の目標」でした。それぞれ、Oさん、Dさん、Yさんが、即興で、スピーチを披露されましたが、最優秀テーブルトピックス賞は初めてゲストで参加したYさんでした。

「今夜のセミナー」はOさんです。テーマは「DCP:カルテと現在地」です。クラブ活動を活発にするバロメーターとしてDCPがあるので、是非、神楽坂クラブも目標達成にむけて頑張りたいと思います。

準備スピーチは3本です。
最初は、Oさんで、基本マニュアル6、タイトル「学術論文:日台企業のアライアンスの成功要因の明確化及び今後の展望」です。アカデミックな内容でした。
二人目は、Uさんで、上級マニュアル#2「情報を伝えるための手がかり」です。タイトル「知ると知らないとでは!?」。安く買うためのノウハウ満載でした。
三人目は、Kさんで、.基本マニュアル#10、タイトル「本の重さ、言葉の深さ」です。歴史の薀蓄が、ためになりました。
最優秀スピーチはUさんです。

論評はMさんが司会です。
Oさんのスピーチへの論評はNさん。Uさんのスピーチへの論評はDさん。Kさんのスピーチへの論評はOさんです。神楽坂クラブの論評は、聞いていてとてもためになります。ゲストのみなさんも感心していました。
最優秀論評賞はDさんです。
最後にゲストの皆さんに感想をいただいて、例会を終了しました。


投稿者: kagura 投稿日時: 2011-12-28 22:47:55 (388 ヒット)

M.M. 


12月23日(金祝)
本日は、祝日例会ということで、普段とは異なり午前中の開催でした。3連休の初日というのが影響したのか出席会員が少ない!
しかし、なんとたくさんのゲストの方にお越しいただき、賑やかな例会になりました。
テーブルトピックマスターは会長のAさん。先日の役員会で話題に出た「自分にとっての今年の漢字は?」に始まり、非会員のゲストさんには「年末年始のご予定は?」というものでした。
非会員のゲストさんに、無理のないお題で指名されたのでご本人にとってとてもよい刺激になったのではないでしょうか?
今朝のセミナーは、現役大学院生である、O田さんによる「google docsを活用しましょう」でした。神楽坂クラブの書記をしているO田さんは、こうしたらクラブ運営がもっと楽になるという使い方を、iphoneとi-padを操りながら解説してくれただけでなく、画面資料をコピーしてマニュアルまで作成してくれていました。
今朝のトーストマスターであるM(筆者)からもコメントさせていただきましたが、トーストマスターとして活動していると、例会やイベントの運営をスムーズに行っていくなかで、便利なITの機能を自然と学び活用していくことになります。
仕事やプライベートでITを活用していなくても、その分野に明るい人から、「この機能をみんなで使おう」とご提案いただくことで、すんなり自分もITユーザーに仲間入りできるのがうれしいですね。

続いてスピーチは、ベテランO原さんによる「新宿は最早通過駅か?」に始まり、Oさんの「弱みのS.I.G.N」、そして、セミナーも担当いただいたO田さんの「日台アライアンスの調査レポートを振り返る」
最終的には、スピーチは「副都心線が延長されると途中下車する気力がなくなる」というデメリットから、反転してメリットを見つけ出したOさんがベストスピーチ賞を、「部長になりきった忘年会挨拶」をしたMがベストテーブルトピック賞を、以前は神楽坂に所属されていたゲストのJさんがベスト論評賞を受賞しました。
今回は時間にゆとりがあったので、ゲストの方からもゆっくりと感想をうかがうことができ、こうしたのんびりした例会もよいなと思いました。


投稿者: kagura 投稿日時: 2011-11-20 16:59:07 (405 ヒット)

S.K. 

11月12日ディビジョンBコンテストがおこなわれ、
神楽坂クラブより勝ち進んだOMさんが、英語コンテスト・日本語コンテストに出場されました。

その実力を発揮し、見事!
英語コンテスト2位に輝きました!!

素晴らしいことですね。

ディビジョンコンテストは、インハウスコンテスト→エリアコンテストを勝ち進んだ強者達ばかり。

OMさんはこのコンテストに向けて、3回の論評勉強会をおこないました。
努力家ですね。
本当におめでとうございます。
手にしたトロフィーの感触は、ずっと忘れることの出来ない思い出となったことでしょう。

日本語コンテストでは、
テストスピーカーYさんが【ママが来る】というタイトルで、ご自身の体験をドラマチックに話されていました。

論評者のレベルが高い!の一言です。

もし、私が論評するとしたら…と思いながら聞いていました。
私には思いつかないような、【ハッ】とするような、更によくするためのポイント!や、
【それ言われたら、スピーカー嬉しくて泣いちゃうだろう…】と思うような言葉がたくさんありました。

私は、今回の論評コンテストを通じて、ひとつの答えがわかりそうな気がしています。

【論評ってなんだろう?】さまざまな論評を聞くたびに思っていた【?】です。

あるコンテスタントは、クラブの仲間からこう助言を受けたと、インタビューの時に言っていました。
【論評のポイントはスピーカーを励まし、また次にスピーチがしたいと思わせること】

私は…
論評者の熱意が感じ取れる瞬間かも。


投稿者: kagura 投稿日時: 2011-11-20 16:49:07 (427 ヒット)

11月11日(金) 神楽坂例会報告

F.M.  

今日の例会が秋季大会本番前の最後の例会。
神楽坂クラブは運営を任されているクラブの1つなので、
今回は例会をまるごと予行練習の時間にあてる。

まずは総合司会者が本番で使用する原稿の読み上げ、
そして論評コンテストの司会に進行を移し
スピーカ、コンテスタントの紹介。
本番さながらの緊張感!

やはり普段使わない形式ばった日本語は難しい。
尊敬語、謙譲語を上手く使い分けなければ違和感がある。
進行を都度止めて言葉を確認していく始末。
やっぱり日本語って難しい。。。

今日のスピーカーはファイリング・デザイナーの資格を持っているというW辺さん。
ファイルの整理の仕方について、
「知る」「決める」「見つける」の3つのキーワードを提示して分かりやすく解説。
ふむふむ、私も明日からオフィスで試してみたいネタが沢山。
7分という短いスピーチでファイリングに関する沢山の事を学ぶことが出来て感激!

そしてそのスピーチを3名のコンテスタントが論評をする。
3名の論評者は各々の観点からスピーチの良い点、そして改善点を述べる。
一聴衆者として聴いていた私も「なるほど〜」と声を出して納得してしまほど、
的確かつスピーカに対して愛情がこもった論評。

スピーカーも3名から論評をもらい喜んでいる様子。
これこそが論評の真の意義。
スピーカが論評者の論評によって動機付けされ、
「スピーチして良かった!」「また次のスピーチがしたくなった!」
という気持ちになること。
私もそんな論評が出来るように日々勉強だ。


投稿者: kagura 投稿日時: 2011-11-20 16:28:24 (361 ヒット)

第3回論評勉強会を11月5日19時からおこないました。第1回にも参加し、今回は以前よりすばらしい、スピーカーのためになる論評ができるはずと思いながら参加したKです。・・・論評は楽しいですね。今回は、OMさん、Mさん、Kです。2人とも論評で全国大会へ参加したことがあるので、私Kはとてもお得な気分でした。全国レベルの実力者を2時間ひとり占めです!

論評の3分30秒という時間は短いように感じます。しかし、限られた時間でもポイントを押さえていれば、スピーカー・聴衆に伝わるのですね。

Kは、秋葉原TMC論評コンテストでのテストスピーチを改善し、今回論評してもらいました。その論評の内容で、「ハッ」とさせられるものがありました。
その内容をふまえ、またさらに改善したスピーチをしたいと思いました。
よい論評は・・・
スピーカーにまた、『スピーチしたい!』という気持ちにさせることが重要ですね。


投稿者: kagura 投稿日時: 2011-10-31 21:26:13 (493 ヒット)

10月29日土曜日18時から、四ッ谷の日米会話学院にてサンライズクラブと神楽坂クラブの合同例会がおこなわれました!
神楽坂クラブから参加したのは、スピーカーのUさん、論評のDさん、総合論評のHさん、Mさん、Oさん、集計係のKです。

例会はバイリンガルでおこないました。
アイラブ日本語のKです。私は日本語を話せます。話せる言語は日本語だけです。
しかし、言語がわからなくても素晴らしいスピーチは伝わることがわかりました。

スピーチは内容に加え、ボディランゲージ、目線、表情、ビジュアルエイドなどが重要なんですね!
言語がわからなくても伝わるスピーチはそれらが素晴らしかったです!

日本語クラブと英語クラブとの合同例会は初めてでしたが、こういうチャレンジは楽しいですね。

最初に、サンライズクラブのトーストマスターKさんが聴衆に伝えたこの言葉が印象に残りました。

     − 『与えられた状況で自分達ができることにチャレンジしよう』 −


投稿者: kagura 投稿日時: 2011-10-31 21:14:35 (329 ヒット)

第137回例会報告

私Oが初めてのTMOEをさせていただき、緊張のスタートでした。
私の不慣れな調整のため、論評者1名確定せぬままのスタートとなりました。しかしさすが百戦錬磨の方々ばかりです。即答でお引き受けいただきました。と、思いきやまたまた一人論評予定者の方が遅れておりました。すかさず、困ったときのMさんにお願いし事なきを得ました。お二人のMさんありがとうございました。

発声練習では、私が最近密かにやり始めたヴォイストレーニングをやりました。スピーチの大切な要素のひとつが声質です。悪い声よりいい声のほうが聞き取りやすいのは事実です。また、機会があればやりたいと思っています。

さて、テーブルトピックマスターは新人Moさんでした。堂々とし、落ち着いた話ぶりには安心感がありました。そしてメインイベントのスピーチは、まず新人のMiさんの「大道芸人が教えてくれたこと」で始まりました。Miさんは毎回スピーチの題材がとてもユニークです。今回も期待を裏切りませんでした。続いて、久しぶりにOさんが「脳を活性化させる方法」で登場しました。Oさんは母国語でない日本語を使い、いつもとても努力をされて、スピーチに臨んでいます。私はOさんのその真摯な姿勢に感動しています
。そして、最後にKさんが「それ、恕か トーストマスターズで学んだこと」を引っ提げての登場でした。私はKワールドのほんわかと暖かい雰囲気がとても大好きです。Kさんの人間性が目いっぱい現れたスピーチでした。

今回の論評者はその道の大御所お三方でした。本当にとても聞きごたえがあり、感心させられ勉強になった論評でした。お三方それぞれに違ったスタイルと味があり、まさに気合が入ったバトルでもありました。大変、楽しかったです。

最後に、来る全国大会の設営について話し合いました。役員のみなさんの想いが十分メンバーに伝わったように思われました。出来ることなら、全員参加で大会を設営、運営し、成功裏に終わらせたいと切に思った次第です。

以上、楽しい例会でした。ありがとうございました。


« 1 ... 6 7 8 (9) 10 »
Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.