▼ログイン
投稿者: kagura 投稿日時: 2012-11-13 23:49:23 (571 ヒット)

第161回例会が東京ボランティアセンターで行われました。

今夜の言葉はAさん「染まる、染める」でした。
秋という季節を迎え、日本中が紅葉に染まっていきます。、そしてこれからの未来を自分色に染めていくのだ、
そのように考えると「染める」は人の決意を表す非常にポジティブで強い言葉だと感じました。これから自分の中で大きな決断をし、
成功への道を模索するAさんの意思が現れていたように感じました。


セミナーはMさんの「茶道の愉しみ」
茶を点てて飲むだけでなく、庭園や茶室、美術品や工芸品、懐石料理や菓子などにまで至る幅広い
分野にまたがる芸術が茶道だという説明があり、
Mさんの心憎い演出で、一人ひとりに和菓子が配られました。
茶道では、季節や趣向、客に応じて道具や料理・菓子を選び、床にかける掛物、茶室に飾る茶花
、道具の取り合わせや調和を考え、
客に茶を点ててもてなす亭主と茶を味わう客の対話立ち居振る舞いまでのすべてが茶道だそうです。
勉強になりました。





続いてスピーチの部

トップバッターはAさん
タイトルは「引っ越しました」上級#4です。

神奈川に引っ越したAさんですが、引越しには大変苦労されたそうです。特に引越し会社に依頼をした時の話を、
大変面白く引き込まれました。3t車で契約をしておきながら実際来たのは2tロングだったそうです。
素人はそういったところがわからないので、ネット見積もり対応のすばやさだけに惑わされないでという
メッセージを投げかけていました。


3番目はMさん。スピーチプロジェクト#3 タイトルは「Learn English globaly from your home」
学生時代外国に留学されていたというMさん。その英語力に磨きをかけ、かつ安価で学習できないかと考え、フリピン英会話スクールというオンラインの英会話スクールを活用されているそうです。


論評Kさん


論評Oさん


論評Nさん


そして今回の受賞者は テーブルトピックスピーチAさん、論評Nさん そしてスピーチは3回目のMさんが
見事受賞されました。
おめでとうございました。


初参加ゲストのMさん。ご自身も茶道をやっていらっしゃるそうで、今回のMさんのセミナーを
聴講されたかったそうです。


英語のTMCで活動していらっしゃるKさん。今回は突然だったにもかかわらずえーとカウンター&文法を
引き受けていただきました。

初参加ゲストのYさん。ロンドン留学でMBAを取得し帰国されたそうですが、プレゼンスキルの難しさを
実感されご参加されました。クラブでDJもやってらっしゃるそうです。



2回目ご参加のYさん。お仕事で大勢に話を伝える難しさを実感し始めたというYさんは、次回5周年記念例会もご参加いただけるそうです。


ご入会されたUさん。TMCで学び是非お仕事に活かしていきたいと語っておられました。
これから一緒にがんばりましょう!


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-11-2 23:29:26 (504 ヒット)

第160回例会が箪笥町地域センターにて行われました。

今回は久しぶりの和室例会。10畳ほどのこじんまりしたお部屋でしたが、皆さんくつろいで、和やかな例会となりました。

まずは恒例の発声練習。ヴォイストレーナーから毎月学んでいるというOさんが発声のコツを交えて、みんなをリードしてくれました。

会長代行&本日のTMOE Mさん


なにかほっこりしていて以外とリラックスした感じの和室例会


テーブルトピックはM岡さん。直近のニュースにヒントを得たと思われる、練りに練られた好設問でした。
・宇宙まで行けるエレベーターに乗ったら何がしたい?
・誰かに賞を渡すとしたらどんな賞を渡す?
・私だったらこんな賞が欲しい、それはどんな賞?
・自分が80歳のときにどんな世の中になっていてほしい?
・生活の中で一番悩んだ選択は?



テーブルトピックスピーチに答える響TMC Wさん


今夜のセミナーは医療の研究者であるKさんによるiPS細胞について専門用語を使わずに教えてくれました。
「何になるか決まっていない細胞だからこそ、どんな体の部位でも再生できる」というiPS細胞の長所を「何も決まっていない。
だからこそ何にでもなれる!、ということです」と教えてくれました。それって、人間も同じだよね、と私たちに希望を感じさせるものでした。



まるで寺子屋のように、それぞれのスピーチから学びを感じとろうという雰囲気が和室例会にありました。。


準備スピーチ1人めは、新入会員のNさんです。なぜ、現在の職業を選んだのか、またTMCへの入会のきっかけについて、
ドラマチックかつ効果的に話してくれました。

2人めのスピーカーは発声練習を担当してくださったOさん。女性社員の持つ直観力の凄さを経営者としてどうリーダーシップに活かすか、
また選択し続けることの重要性について、具体的かつ面白おかしく話してくれました。

3人めのスピーカーは大ベテランのOHさん。東京点描シリーズと聞いて、都市描写の話かと思いきやOHさんが大学時代に
所属していたサークルについてでした。
それを話すOHさんの生き生きしていることと言ったら!内容ももちろんですが、OHさんの明るさに全員が驚いたスピーチでした。

論評は、情感あふれるHさん、プロジェクトマニュアルに沿って解説したMさん、スピーカーの表現力の意外性について述べたKさんでした。

本日の受賞者は テーブルトピックスピーチと論評Kさん、スピーチは本日初スピーチ アイスブレーカーのNさんが見事受賞!
おめでとうございました。


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-10-17 23:49:52 (587 ヒット)

10月12日箪笥町地域センターにて第159回例会が行われましたのでご報告いたします。

会長のOさんがただいま海外出張中のため会長代行のAさん


今日も多くのゲストの方にお越しいただき、ほどよい人数の例会。


スピーチ一番目は今秋に復帰を果たし、久しぶりのスピーチ。エリアコンテストに進んだHさん。
プレゼンテーションスピーチのデリバリーをご存じでしょうか。
魅力的でわかりやすい話し方や、聴衆を退屈させない話し方のことです。
Hさんはスピーチテーマであった「ダンス」を自ら演じて見せたり、ステージを広く使い、スピーチに動きを
付けるなどで、非常に力強い印象を持たせることに成功していました。


大画面のビジュアルをふんだんに盛り込まれていました。


スピーチ2番目はこれまた久々の登場Wさん。データに裏打ちされたサプライズな内容。
プレゼンテーションにはプレゼンスという重要な要素があります。
身だしなみ、表情、ポジショニング、姿勢、導線などです。
こういった要素は覚えていても実際のプレゼンテーションになると気が回りません。
だからこそ常に練習で体に覚えさせることが必要なのです。
Wさんのプレゼンテーションはビジュアルツールを使い、全ての聴衆にわかるような導線を意識され、
重要なポイントでのアイコンタクトや言葉の強調が見事でした。


躍動感にあふれていました


スピーチ3番目も久々Mさん。
メッセージを伝えるときにいたずらに誇張してしまったり、強弱をつけすぎたりすることもよくあるのですが、Mさんはそれとは逆の表現を用いていました。
介護という重いテーマを扱ったMさん。はじめから最後までたんたんと北欧の映画のように話してくれました。
それは雪が音をたてず私達の心に降り積もって行くようでした。そして最後には雪を溶かすような暖かいフィナーレが待っていました。


Mさんのがにじ温かさがにじみ出るようなスピーチでした。


論評Oさん


論評Mさん


論評Kさん


そして今回の受賞者は

テーブルトピックOさん
論評Kさん
スピーチ Hさんでした


皆様おめでとうございました。


つづきましてゲストのご紹介です
初めてのご参加、台湾ご出身で留学生のTさん
2次会でご入会表明されました!
一緒にがんばりましょう!


東京インターTMC Kさん
ありがとうございました。また是非お越しください。


かつてシンガポールのTMCで活動され、今後お仕事もTMCもベトナムで活動されるTさん。ベトナムでもがんばってください。



本日入会されたNさん。これからも一緒にがんばりましょう。


そしてレストランアジアンパームで行われた2次会の模様です。


カレーとナンをほおばるぅ〜

春巻きをほおばるぅ〜

こちらもカレーをほおばるぅ〜

超ぶれてるぅ〜


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-10-8 22:50:43 (743 ヒット)

2012年 神楽坂トーストマスターズクラブ テーブルトピックインハウスコンテストが9月28日に行われました。

トーストマスターズのコンテストは春と秋、年に2回あり春はスピーチコンテストで秋は論評、テーブルトピック
ほら吹き話、
ユーモスピーチのコンテストが年一回行われ、順番にローテーションしていきます。
こういったバリエーションの多さにより、
出場者が偏らないのがトーストマスターズの面白いところです。
特にテーブルトピックコンテストは経験が浅くとも、
その人にぴったりのお題が出ればどんどん勝ち進んでいけるので
運も関係してきます。一人の持ち時間は1分から2分30秒までです。

会長のOさん





今回のお題は「神様があなたにめがねをくれました。そのめがねをかけるとあなたの未来が見えるというのです。
あなたにはどんな未来が見えますか。」
というものでした。

神楽坂トーストマスターズクラブの9人の出場者が火花を散らす戦いの幕は切って落とされました。


コンテスト出場者とコンテスト委員長のTさん。




インタビューに答えながらコンテストの結果を待つ出場者。




そして2012年輝く神楽坂トーストマスターズクラブ
テーブルトピックコンテストの結果はいかに!!

優勝はKさん 2位Hさん 3位Oさんでした!





おめでとうございました。

優勝のKさんと2位のHさんが10月29日のエリアコンテストに駒を進めました。

そして2次会では参加2回目のUさんが入会宣言されました。
クラブがいっそう活気付きそうです。

ゲストのご紹介です
桜坂TMC Yさん


秋葉原TMC Yさん


千代田TMC Kさん


日本橋TMC Tさん


コスモスTMC Oさん


新宿TMC Kさん


飯田橋TMC Hさん


新宿バイリンガルTMC Hさん


秋葉原TMC Sさん


川崎TMC Oさん


吉祥寺TMC Hさん


表参道TMC Sさん


大勢のゲストのみなさん。神楽坂トーストマスターズクラブのインハウスコンテストをサポートいただき本当にありがとうございました。

心よりお礼申し上げます。

また是非お気軽にお越しください。


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-9-30 17:41:29 (735 ヒット)

9月15日房9月15日房総・鋸山ハイキングに行ってきました。

神楽坂トーストマスターズクラブの会員に台湾国籍のKさん
という方がいます。
日本をこよなく愛されているKさんは仕事に都合をつけて日本に来られ、日本語でスピーチをすることを楽しみにしています。
しかし、どうがんばっても年に1回程度しか来日できないため、一年に一本のスピーチをこなし、入会5年目の9月14日に6回目のスピーチを
終えられました。10回あるトーストマスターズのCCマニュアルを終えるためにはあと3〜4年かかります。
しかし、日本という国の文化を愛し、神楽坂トーストマスターズクラブが大好きなKさんはそれは、遠い未来のことではないそうです。
できることであれば毎回例会に参加したいと語るKさんの前向きな姿勢を目にするたびに、恵まれた環境で甘んじている自分の姿に
はっとさせられる事がよくあります。
そして、日本のさまざまなトーストマスターズクラブにマラソン愛好家がおり、年に1,2度観光を兼ねて台湾のマラソン大会に参加しているのです。
そのエントリーや台湾での観光のお世話をしていただいているのが台湾の観光局に勤務されているKさんなのです。
そのためKさんが来日される時の神楽坂トーストマスターズクラブの例会にはKさんにお世話になったいろいろなクラブの方がゲストとしてこられ
例会は大盛況になります。
こうしたクラブだけでなく国境を超えての交流ができることが、トーストマスターズの醍醐味でもあります。
日本と台湾の交流の架け橋となっているKさんに感謝の気持ちを込めて、日本の観光地をめぐるツアーを企画しています。
過去には鎌倉、箱根、日光、軽井沢などに行きました。

そして今回は房総・鋸山ハイキング企画です。

AM10:30に品川に集合。京急で久里浜駅まで行き、そこからタクシーで10分、久里浜フェリー乗り場に到着。


フェリーは予想外?に広々していて、ラウンジのような感じでした。


外に出ると数匹のかもめがフェリーとたわむれるように飛んでいました。



房総の金谷港に着くとすぐ前にレストハウスがあり、そこで千代田トーストマスターズクラブのSさんと待ち合わせ。
千代田トーストマスターズクラブのSさんは、以前台湾の大使館勤務をしており、その時
Kさんと同じ台湾のトーストマスターズクラブで活動されていた縁。
例会とあわせて2日間連続で神楽坂トーストマスターズクラブの活動にご参加いただきました。

まずオーダーしたのが地元の地ビール。


つぎに運ばれてきたのが地元で取れた新鮮な海の幸をふんだんに使った海鮮丼。
右端の方が千代田TMCのSさん


残暑の日差しの照りつける中海辺のレストハウス前のボードウォークでワンショット。



KさんとOさんのツーショット。


海辺のレストハウスから歩いて15分、鋸山ロープウェイ乗り場に到着。


ロープウェイで一気に頂上に到着。手前が房総半島、奥に見えるのが三浦半島。
いやー、絶景です!



頂上の看板の前でワンショット


みなさんお疲れ様でした。金谷駅にて。
9月半ばといえど今年は残暑が厳しくへとへとになりましたが、
とても楽しい時間を過ごせました。



投稿者: kagura 投稿日時: 2012-9-23 21:30:41 (483 ヒット)

8月24日2次会で新歓カラオケ例会が開催されました。

なつかしの曲から最新の曲、バラードからアップテンポの曲まで
各自の十八番を熱唱されました。

カラオケのいいところは、歌の選曲や歌う姿によって、その人意外な一面を知ることができます。なにより、お互いに思いっきりはじけ、自分をさらけだすことで、さらに親密になれるところが何よりの効果ではないでしょうか。








輝くあなたのベストマッチソングの発表です。
O原さん
新造人間キャシャーン 〜たたかえ! キャシャーン〜
知られざるアニソンマスターの一面を披露いただきました。
ぜひスピーチ開始のテーマソングに!

K籐さん
琵琶湖周航のうた
今も京大ボート部で歌い継がれている日本の名曲を熱唱

M浦さん
バンザイ〜好きでよかった〜
伸びのある地声を活かしたAメロ部分は原曲とそっくり

N田さん
仮面舞踏会
本当は違う歌を歌いたかったのかもしれないが、そこは場を読んだN田さん。腰フリの踊りつきで盛り上げてくれました。

N山さん

嵐大好きの初参加のN山さん。ノリノリの踊りで盛り上げてくれました。

A岡さん
オリビアを聴きながら
尾崎亜美が杏里に贈ったスタンダードナンバーを浴衣姿でしっとりと歌い上げてくれました。

Uさん
異邦人
久保田早紀の70年代のミリオンセラーを披露。キーもばっちりあっていました。

H松さん
銀河鉄道999
カラオケ大好きマスターのHさんの十八番。かなり歌いこんでます。

Oビさん
勝手にしやがれ
Oビさんのお気に入りの一曲。会長として先陣をきって盛り上げてくれました。




投稿者: kagura 投稿日時: 2012-9-22 17:54:53 (432 ヒット)

第157回例会印象記
 「朋有り、遠方より来る」
                     TMOE 加藤茂孝

第157回例会は東京ボランティアーセンターで開かれた。台湾在住の会員Kさんの久しぶり
の出席とあって、台湾のクラブ例会に参加したことのある他のクラブメンバーが大勢ゲス
ト参加して、新鮮でかつ華やかに盛り上がった例会になった。神楽坂クラブ会員10名、他
クラブ会員7名、見学者3名の計20名。


発声練習は、新しくHolstee manifestを用いた。中でも、「時間が足りないのならTVを
見るのをやめなさい。人生をかけて愛する人を探しているのなら、それもやめなさい。そ
の人はあなたが自分の好きなことを始めたときにあらわれるのです」が心に響いた。

今夜のことばはOSさんから「しほらしい」

テーブルトピックスは初挑戦のMさん。「○○の秋」の質問。  始まりから本人が長々と
話しすぎて、「スピーチではなく質問をするのが役割だよ」と言われてしまった。今後次
第になれてもっと巧みに質問出来る様になるでしょう。誰もが通る道。

準備スピーチは、仕事の関係で2名が欠席で急遽とりやめ。しかし、ホットシートのOHさんが、加わり3スピーチに。

Kさんのスピーチ:「ようこそスターホテルへ」。プロジェクター使用。ホテルの質を
上るためにやってきた取り組みの体験的スピーチ。

YAさん(ゲスト)のスピーチ:「敬老の日のプレゼント」。プレゼントは何かな?と
いう期待を意外なもので裏切って見せました。交通安全グッズでした。皆さんも交通安全
にご注意を

OHさんのスピーチ:「ご先祖が静かに眠る鷺ノ宮」。戒名料はなぜ高いか?  都内地
名シリーズの7番目でした。


総合論評はAさん。
  各スピーチへの個別論評は、論評者に熱が入って皆制限時間ぎりぎり(Nさん、OSさ
ん)。最後のOMさんに至っては、「気になる表現があります」を追加していってついに
時間オーバー。論評の名人でも盛り上がった今日の例会の雰囲気に、珍しく興奮してしま
ったのかな?











ベストテーブルトピックスピーカー Sさん
ベスト論評 Oさん
ベストスピーカー Kさん

今夜の印象は、Kさん歓迎例会的な側面があり、孔子のことばを借りれば「学而時習之不
亦説乎、有朋自遠方来不亦楽乎」(学びて、時にこれを習うまた喜ばしからずや。朋有
り、遠方より来る、また楽しからずや)であった。

2次会@わたみ もほとんどの方が参加して、大いに盛り上がった。

Kさん、また来て下さい。

今回お越しいただいたゲストの皆さんです。

響TMC Wさん

赤羽TMC Sさん

初参加Yさん

浦和TMC Mさん 

飯田橋TMC Hさん

桜坂TMC Yさん

千代田TMC Sさん

みなとみらいTMC Yさん

飯田橋TMC Sさん

皆様お越しいただきありがとうございました。

また是非お気軽にお越しください。

お待ちしております!


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-8-29 23:38:09 (535 ヒット)

8月24日(金)、残暑真っ只中、神楽坂の第157回例会が開催されました。
いつもとは異なるスタイルでの納涼食事例会となりました。
ブリッジという飯田橋駅近くのカフェレストラン。個室を借り切って食事をしながらの例会です。
TMOEは私A、この日は初の企画例会それも納涼ということで、張り切って浴衣で臨みました〜(*^^*)
だからかどうかわかりませんが、参加メンバーがいつもより多く、しかも5名のゲストにもご参加いただき、いつもより賑やかな例会となりました。
例会はエリアガバナーSさんの乾杯のスピーチから始まり、その後和やかに歓談がスタート。
食事とドリンクをいただきながらの進行となりました。


テーブルトピックスはO会長。タイムリーなトピックスでまずは雰囲気づくり。

サービス精神にあふれたゲストのOさん


スピーチの順番を待つMさん。余裕〜。

そして例会のメインともいえる準備スピーチは3本。
1本目は入会したばかりのMさん。自転車通勤で10キロやせたという体験をユーモアも交えてスピーチしてくださいました。

2本目はMさん。タイトルは「チャーチルのメッセージ」。久しぶりのスピーチでしたが、落ち着かれた語り口で素敵な、心に響くスピーチでした

3本目はOさん。急遽のピンチヒッターでしたが、さすがは大ベテラン。しかもなんとシリーズもの(!?)のスピーチ。東京の情緒を大いに語っていただきました。


スピーチ論評もさすがの高レベル!やっぱり神楽坂だな〜。甲乙つけがたい素晴らしい論評でした!
食事や歓談を交えながらということもあり、あっという間の2時間。
ベストテーブルトピックススピーカーはWさん、ベスト論評者は張り切ってアロハシャツで来ていただいたNさん、ベストスピーカーはMさん、とこれまたなんと、表彰者は全員久しぶりに例会参加という面々。
実力は本物!すばらしい!!!


そして例会が終わる頃には皆すっかり酔っ払い(?)、そのまま2次会のカラオケへと突入して歌いまくり、はじけまくりました!
楽しい会、いや一夜となり、たまにはこういう例会もいいなあ、とつくづく思いました。
またやります!


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-8-13 21:03:09 (585 ヒット)

8月10(金)19:00より東京ボランティアセンターにて第155回例会が行われました。
今、ロンドンオリンピックの真っ最中です。日本と時間が逆のため、深夜にTV放映が行われています。メダルを手に手繰り寄せようと懸命に闘う選手たちを見るたびに、気持ちが奮いおこされるおもいです。
そのことを反映したように、今日の言葉は「つかむ」です。

通常通り発声練習を終え、テーブルトピックへ。
今回はメンバーの参加人数が少なくほとんど役を重複していたため、
事前にゲストの方に了解をとり、簡単な質問によるゲストの方も交えての
テーブルトピックとなりました。
質問は以下のとおりです。
1「あなたにとっての最高の夏の思い出を教えてください」
2「今回例会を見学してみようと考えた動機は?」
3「例会に参加するに当たって重要視されたことは?」
4「参加するに当たって不安だったことは?」
5「神楽坂TMCのサイトをどうやって探しましたか?」
6「トーストマスターズの良いところは?」
はじめての方でも、ご自身の考えを堂々と話されていました。

今夜のセミナーはベテランのK藤さんによる講義
「一目惚れの分子生物学」でした。
人が一目ぼれをするのは、匂いという要因が深くかかわっているということを、
遺伝子構造から紐解かれた興味深い内容で、全員が食い入るように聞き入っていました。


スピーチの部は以下3本でした。
1「限られた物の見方」CC#2スピーチの構成がプロジェクトの目的です。
ゲストのMさん。
群馬県の人々の間で長年継承されてきた上毛カルタは群馬の土地、人、出来事を読んだ郷土かるたです。
郷土の人には常識になっているこのカルタが、実は県外の人には知られていないことを知った本人が改めてものの見方について考えさせられたという内容を、とてもシンプルにかつ笑いも交え紹介いただきました。


2「良いなのか、悪いなのか、あなた次第です」CC#3ポイントを押さえるがプロジェクトの目的です。
ベテランメンバーのOビさん。
おそらくいい原稿を用意されたのだと思いますが、スピーチ中に原稿を忘れてしまった
Oビさん。
ここまでは良くあることなのですが、ここからがOビさんの真骨頂。スピーチ中に原稿を忘れる、そんな状況に
陥っても経験として、成長の糧としてそれをどうとらえるかはあなた次第です!と締めくくり、
それが用意されたシナリオのようにスピーチを完成させる名人芸を見せてくれました。


3「もうひとつのオリンピック」
ベテランメンバーのA岡さん。
上級#2「情報を伝えるための手がかり」がプロジェクトの目的です
ロンドンオリンピックになぞらえて、トーストマスターズのコンテストも同じように
勝ち抜いて栄光を掴み取っていくものだということをビジュアルツールを絡めながら、紹介されました。
今日はゲストの方が多数いらっしゃっていて、そういったターゲットに向けて考えられた
すばらしいスピーチでした。




ベストテーブルトピック賞はゲストのYさん、ベスト論評賞はOさん、ベストスピーチ賞はゲストのMさんが受賞されました。


8月17日ご参加いただいたゲストの皆さんです。


秋葉原TMCからご来訪いただいたMさん。今回スピーチをしていただきました。他クラブ訪問は初めてだそうですが堂々とスピーチいただきベストスピーチ賞Getいただきました!


桜坂TMCからご来訪いただいたYさん。当日6:45に思い切って参加を決められたそうです。テーブルトピック賞をGetいただきました!


はじめてご参加のSさん。急な無茶ぶりでもしっかりとスピーチができるようになりたいとおっしゃっていました。


はじめてご参加のTさん。人前で話すと声が小さくなってしまうとのこと。誰だってはじめはそうですよね。みーんな悩んで少しずつ話せるようになります。


Tさんのご友人のMさん。できれば自信を持って人前で話せるようになりたいとおっしゃっていました。


はじめてご参加のYさん。内勤のYさんですが、キャリアを重ねるごとに人前で話す機会が増え、プレゼンなど上達したいということでした。


投稿者: kagura 投稿日時: 2012-8-2 22:27:35 (525 ヒット)

7月27日(金)19時10分より、アトラス江戸川アパート社交室で
で第154回例会が行われました。今回は会場係の方がお住いの都内の
瀟洒なアパートの一室での例会となりました。会場がいつもと異なるため
開始時刻を10分遅らせました。

最初の発声練習は音が反響する会場のためか、声がとてもよく響きました。
開会後、今夜のトーストマスターが上級マニュアル特別なスピーチの課題、
「話し手を紹介する」に絡ませて司会進行しました。今夜の言葉は「秘かな、
秘かに」。隠れ家的な雰囲気に合わせた言葉の選択でした。

テーブルトピックスは時事問題。最近の世間の話題にどれくらい精通されて
いるかが試されました。出題は下記の通りです。

1.「12年後の五輪開催地を決めるとしたらどこの国にしますか」
2.「新型輸送機オスプレイの機体についてどう思いますか」
3.「韓国企業への日本人技術者の流出についてどう思いますか」

今夜のセミナーは、外部のエリアガバナーをお迎えし、サクセスフルクラブ
シリーズの課題「公約を守る」を使って、日頃の活動を振り返るセミナーと
なりました。

スピーチは下記3本です。。

1.「香りは恋の始まり」(CC#7トピックのリサーチ、より)

数々の資料を調査した上で発表する課題です。人は香りによって恋を始める、
ということで、平安時代の和泉式部の恋模様をひも解き、脳科学の仮設とも
絡めて恋の始まりを解き明かしました。

2.「神楽坂TMC再生会議」(AC楽しく話すスピーカー#1楽しませるスピーカー、より)

自分の経験に基づいて人を楽しませる話をする課題です。会員数が激減した
当クラブを再生するための会議として、参加者から自分のスマホへ意見を
転送してもらい、それを読み上げるという手法を提示されました。もちろん
架空の方法ですが、楽しめる内容でした。

3.「人生に役立つカフェの選び方」(AC情報を伝えるスピーチ#1情報を伝えるためのスピーチ、より)

容易に理解できる情報の伝え方を学ぶ課題です。カフェは時間を有効に使う
場所ということで、有名なカフェチェーン店を3つ選び、それぞれの違いを
浮き彫りにして、自分に合ったカフェの選び方を提示されました。

休憩後、論評の部に移りました。スピーチへの論評では、

トピックのリサーチ:トピックとリサーチ内容の違和感
楽しませるスピーチ:本題へ入るまでが長い
情報を伝えるスピーチ:詳細なデータがスピーチのテーマに合っていない

といった提言を頂きました。例会全体への総合論評としては、紹介の仕方の
工夫、テーブルトピックスでの時間の使い方、各論評の質の高さ等について
の言及がありました。

受賞者は最優秀テーブルトピックス及び論評賞がゲストのTさん、スピーチ賞
がKさんでした。


« 1 ... 6 7 8 (9) 10 11 12 »
Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.