第331回例会

投稿日時 2019-6-16 21:25:56 | トピック: *例会報告

神楽坂トーストマスターズクラブ331回例会記録
2019年6月14日 東京ボランティア―センター会議室A
参加者数:19名(会員15名、ゲスト4名)

●今夜のトーストマスター:S藤さん
初めてとは思えないほど堂々としていて、円滑に司会を行っていました。

●今夜の言葉(M田Fさん):「悦ばしい」
新天皇の即位に伴う新しい時代の始まり、そして当日は大谷選手のサイクルヒットなど素晴らしいニュースが続いていることが、「悦ばしい」という言葉を選んだ理由とのことです。時節にあった言葉の選択でした。

●テーブルトピックス
(テーブルトピックスマスター:W辺さん)
今回はプロジェクトの一環でテーブルトピックマスターが各スピーチの後で論評を行うという形式で進行しました。

トピック1:H川さん 「気になるニュース」
 最近発生した川崎市登戸での事件を題材にしたスピーチでした。「自殺した犯人はどんな境遇でそのような事件を引き起こしたのか?もしかしたら自分も加害者にも被害者にもなる可能性があると考えると他人事とは思えない。」と、事件の背景を必死に読み取ろうとし、明るい社会へとつなげていこうするH川さんの前向きな姿勢が印象的でした。

トピック2:K藤Jさん 「あなたの悩み」
 4月から新社会人となったK藤Jさん。職場での仕事の悩みを赤裸々に語っていました。1つ目は学生時代にExcelをあまり使ってこなかったこと、2つ目は営業トークがうまくできないこと、最後に理系に対する知識がなく仕事で必要な資格を取得するのに苦労していると、具体例を挙げて話していたので、彼の悩みが良く伝わってきました。

トピック3:M田さん 「一生の中で最も悩んだこと」
 M田さんは職場の中で中間管理職を長年務めてきたこともあり、一番悩んだことは「人をどのように使うか」ということでした。具体例として「やる気のない人はほめたらいいか?、怒ったらいいか?」と思う一方で、「やり過ぎる人は違う方向にいかないようどのように手綱を引っ張たらいいいか?」とマネジメントの難しさを語っていました。

トピック4:U澤さん 「幸せに思うこと」
 U澤さんは介護を経験されたことで、現在大きな病気もなく自由に自分の時間があることが幸せに思うことだと力説していました。

トピック5:W田さん 「幸せって何か?」
 W田さんは営業職からマーケティング部門に異動になったことを例にして、「新しいことにチャレンジすること」が幸せだと語っていました。新しいチャレンジによってモチベーションが上がり、自分の能力も向上する機会となると語っていました。初めての即興スピーチにもかかわらず、堂々と話されていました。

●準備スピーチ
スピーチ1:H谷川さん L1革新的な企画立案リサーチとプレゼンテーション 「日本の中心岐阜に愛を叫ぶ」
岐阜県出身のH谷川さん、自分の故郷岐阜県が魅力度ランキングの下位であることを触れ、岐阜にはたくさんの魅力があることをスピーチしました。岐阜シティータワー、岐阜城、岐阜大仏、ホテル、モーニングサービスなど、岐阜にはたくさん魅力があることをスライドを使って説明していました。さらに、岐阜が日本の人口重心の中心であることを紹介し、岐阜にもっと関心を持ってほしいと力説していました。

スピーチ2:K藤Sさん AC「詩を朗読する」#2朗読「日本語はどこから来たか?」
日本の漢字文化の発展を分かりやすく話していました。中国から輸入された直後、万葉仮名の時は漢字をアルファベットのように使っていたこと、その後、訓読みが導入され、漢字とやまと言葉が融合したことを説明しました。具体例として杜甫や李白の漢詩を紹介し、中国語の発音と日本語の下し読みを比較しながら、日本の漢字文化の発展を紹介していました。

スピーチ3:T橋さん CC#10「その不安、一緒に解消しましょう」
最近ニュースで取り上げられた「老後には2,000万円の貯蓄が必要」というショッキングな話題に金融の専門家として所見を述べました。2,000万円という数字の意味を解説するとともに、老後の不安を解消するには、貯金ではなく長期分散投資を行うことが重要だと提案をしていました。更に少額でも簡単に行える投資を紹介することで、聴衆に投資を行うよう鼓舞していました。ジェスチャーやボーカルバラエティも豊かでCC#10達成に相応しいスピーチでした。

●論評
H谷川さんに対する論評:K藤Jさん
岐阜の魅力がスピーチにたくさん詰まっていたこと、しかしその一方でモーニングサービスについては名古屋と岐阜の違いを説明が不十分な点があったことを指摘していました。久しぶりの論評にもかかわらず、H谷川さんの長所、短所が整理されていて分かりやすい論評でした。

K藤Sさんに対する論評:S井さん
K藤Sさんのスピーチがとても勉強になったが、最後のポイントに対する説明が不十分であったことを指摘していました。ベテランのK藤Sさんに対する論評だと課題が見つからないと言う人もいる中で、長所と短所を明確に指摘していて、とてもよい論評でした。

T橋さんに対する論評:Hートンさん
T橋さんのスピーチがお金に関する話だったので硬い話になるかと思ったら、分かりやすく説明していてよかったと指摘していました。しかし、「私は不安が残った」と笑いを誘っていました。

●総合論評:Y口
S藤さんが新たな試みとしてテーブルトピックスの問題をホワイトボードに書かれていたことや、その一方でPCの準備が遅れて進行全体に影響が出たことを指摘しました。

●表彰:
ベストテーブルトピックス賞:M田さん
ベストスピーチ賞:H谷川さん
ベスト論評者賞:K藤Jさん

●役員就任式
 ・K藤Sさんの進行のもと、2019-2020年度の役員候補7人が新役員として正式に就任しました。また、今期役員を務めた7人に対する謝意として惜しみない拍手が送られました。

●二次会
二次会はボランティアセンターの上の階にある居酒屋「北海道」で行われました。
10名が参加。二次会の席でCC#10を達成した高橋さんへの色紙の贈呈式を行いました。


(作成:Y口)



トーストマスターズクラブ|神楽坂トーストマスターズクラブ,スピーチ,サークル,クラブ,東京,あがり症にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kagurazaka-speech.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kagurazaka-speech.org/article.php?storyid=165