第371回例会

投稿日時 2020-12-11 21:00:00 | トピック: *例会報告

神楽坂トーストマスターズクラブ371回例会記録
2020年12月11日会場例会
会場※オンライン参加不可
参加者数10名(会員6名、ゲスト4名)

ゲスト
O様さん東京レインボーTMC
M様さん三鷹ビジネスTMC
AK様さん三鷹ビジネスTMC
H様さん元川崎TMC
イ気

●役割
今夜のトーストマスター S
今夜の言葉 K「久しぶり」
言葉番長 O
えーとカウンター AK
計時係 KT
集計係 UZ
ZOOM係1なし
ZOOM係2なし
テーブルトピックスマスター HS
回答者1 S
回答者2 O
回答者3 UZ
回答者4 ★TK
回答者5 AK

スピーチ1時間分秒
Pathプレゼンテーション熟達
ProjectL1リサーチとプレゼンテーション
Title筋トレのススメ
Time

スピーチ2時間分秒
Pathリーダーシップ開発
ProjectL1論評とフィードバック(最初のスピーチ)
Titleあなたの本当の願いは何ですか?
Time

スピーチ3★時間分秒
Pathプレゼンテーション熟達
ProjectL3聴衆と気持ちを通わせる
Title青春
Time

総合論評

論評1★TKさんへの論評 UZ

論評2KTさんへの論評 HS

論評3Kさんへの論評 O

今夜の言葉
K.Sさん久々の対面例会の気持ちからか「久しぶり」という、今回の例会にまさにマッチした言葉でした。

テーブルトピックスマスター今話題の「はやぶさ」から連想される言葉を用いたテーブルトピック
回答者1 ̄宙に行きたいか→行きたい。理由は地球以外に存在しているの生命体を見てみたい、宇宙空間を体験してみたい。(S.M)
回答者2鳥について→昔は鳥の唐揚げ大変好きだったが、年をとるにつれ油物で胃がもたれるようになり最近はあまりたべない。年とともに好みが変わってきている。(O.K)
回答者3スポーツについて→自分がバトミントンをやっていたのに、周りの人はバトミントンをしていたと最初中々思ってくれてない。(U.M)
回答者4ぅ疋薀エのはやぶさの剣の2回攻撃の話から、それを応用して好きな相手に2回告白する事が有効である。(A.Y)
回答者5セ匐,了に和歌山の白浜行きの電車に乗ってわくわくしていた気持ちが、大人になって同じ電車に乗った時に強く思い出された。(T.E)
スピーチ1
コロナで在宅勤務になったのきっかけに、運動不足解消のため筋トレにチャレンジ。自身で体感した筋トレによるさまざまな効果を説明していました。(T.E)
スピーチ2
宇宙の法則による願いの叶え方についてのスピーチ。願い叶えるにはいくつかの条件が必要で、それらを条件をみたすと願いが叶うという話でした。(K.S)
スピーチ3
「青春」についてのスピーチ。「青春」とは過去の人生の特定の時期のことではなく、自分のこころの有様である。自分は今までの人生で2度青春を失ったエピソードを紹介。人生は深い思いを積み重ねて行くことが大事であるとのメッセージを伝えていました。(K.S)

論評1
スピーチの中にユーモアさあること、目線が独特であるところを良い点として挙げていました。カイゼン点として本題の前の導入部分の時間配分が少し長かった事、声の強弱が足りなかったとして挙げていました。(U.M)
論評2
旬の話題やジェスチャーを取り入れている部分や、自身の経験を具体的に説明していたところがよかった。カイゼン点としてスピーチ時の際の動きの範囲が狭かった事などを挙げていました。(H.M)
論評3
プロジェクトに沿ったスピーチだったり、デリバリーやアイコンタクトがしっかりしていたところが良かった。カイゼン点としてスピーチの中で出てきた和歌や特定の人物の説明が足りなかった事などを挙げていました。(O.K)
論評4

●例会全体、ゲスト感想、その他
" 今回の例会はスト4人を迎えて計10名からなる久々の対面例会でした。
今までオンラインを使用しての例会ばかりでしたが、今回の久々の対面スピーチに皆さん少し緊張しつつも刺激的で楽しい例会となりました。
コロナ禍以前は当たり前のように行っていた例会開始前の早口言葉練習や表彰、そして実際の対面スピーチ一つ一つが新鮮に感じられました。
今回の対面での例会開催はコロナの影響で不安なところもありつつも、実際の対面でスピーチをする大切さを改めて感じることが出来た例会となった思います。(S.M)"


トーストマスターズクラブ|神楽坂トーストマスターズクラブ,スピーチ,サークル,クラブ,東京,あがり症にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kagurazaka-speech.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kagurazaka-speech.org/article.php?storyid=198