▼ログイン
メインメニュー
トップ  >  トーストマスターズのおかげで、本当になりたい自分になれた!(A.Fさん)
 私のトーストマスターズ体験を一文で表すと、
「トーストマスターズのおかげで、本当になりたい自分になれた!」
です。

 私が初めてトーストマスターズに入会したのは5年前、 カナダに留学していたときでした。 入会の理由は英語に対する自信をつけることでした。 1年経った暁には「入会したときとは自信もスピーチの能力もずっと違う」と言われ、とても嬉しかったのを覚えています。ネイティブスピーカーと一緒に例会をすることで、 英語力も上がりました。

 しかし、 本当にトーストマスターズが自分にとってかけがえのないものとなったのは、 実は数年前に日本に帰国して、日本語のトーストマスターズを始めてからのことです。

 日本でトーストマスターズを再開してから1年くらい経つと、スピーチだけではなく性格も以前よりずっと外向的になり、 知らない人と話すことにも抵抗を感じなくなりました。 昔は人との会話が少ない仕事をしていたのが、接客業などを経て、今では人とのコミュニケーションが多い広報関係の仕事に転職しました。 これもトーストマスターズを通して、 適職を見つけ出せたものと感じています。

 その秘訣はクラブの役員として活動したり、コンテスト運営に参加したことにあると思います。トーストマスターズ=スピーチをするクラブと思われがちですが、チームで一つのイベントを作り上げたり、目標を達成したりすることについても実践を通して楽しみながら学ぶことができます。さらに、職業・年齢・性別などが全く違う人と一緒に例会やイベントを行ないますので、様々な人と知り合う機会が自然に生まれます。おそらくこのような環境の中で私自身も人と話すことに自信を持てるようになったのだと思います。

 既にトーストマスターズに入会をご検討の方も、 話を読むだけでは実感のわかない方も、 まずはぜひ一度神楽坂クラブの例会にいらしてみてはいかがでしょうか? 百聞は一見にしかず。一同大歓迎いたしますので、お待ちしております!

(職業:金融関連広報/活動暦:カナダ3年、日本2年/20代/女)
プリンタ用画面
友達に伝える
前
活動を通じてかわったこと(Y.Wさん)
カテゴリートップ
体験談TOP
次
話し手を尊重し暖かく応える雰囲気がある(N.Tさん)
Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.